Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
面白いクラリネットを吹かせてもらいました!
先日、新大久保にある管楽器専門店「ダク」で面白い楽器を試奏させてもらいました。

クラリネットは、大きく分けるとフランスのベーム・システム(俗に「フランス管」)、ドイツ・オーストリアのエーラー・システム(俗に「ドイツ管」)と言う2種類のタイプの楽器が存在します。
(注意:人によって呼び方が違う場合があります)

2種類のクラリネットは、運指も管の内径など、さまざま違う点があります。

その2種類のハーフみたいな存在の楽器も存在します。
簡単に言うと管はドイツ・エーラーシステム、指はフランス・ベームシステムと言うハーフです。
(ファゴットにも同じような感じで運指はファゴット、管はフランスのバッソンという楽器も昔ありました)

ハーフみたいなクラリネットは現在「リフォーム・ベーム(Reform Boehm)」と言われてますが、以前はErnst Schmidt氏が設計したので「シュミッド・リフォーム(Schmidt Reform)と呼ばれていました。

今回、試奏させてもらった楽器はおそらく1940年代に旧東ドイツで製作された「シュミッド・リフォーム」です。

僕の知っている「リフォーム」とはちょっと違いました。。。
e0081119_22141566.jpg
写真:Fritz Wurlitzer製作のシュミッド・リフォーム・クラリネット

e0081119_22163246.jpg
写真:Fritz Wurlitzer製作のマウスピース

試奏用にヴァンドーレンのB40とリコのリードを用意してくれました。
(僕が普段使用しているのは、ヴァンドーレンB45プロファイルとヴァンドーレンのホワイトマスターです)
もちろん、オリジナルのマウスピースでも試奏させてもらいました。

僕の知っている「リフォーム」は、管がドイツなので普通のフランスのマウスピースではなくドイツのマウスピースを使用するのですが、この楽器はフランスのマウスピースが使えるタイプでした。

見た目もちょっと不思議です。。。

e0081119_22144844.jpg
写真:上管部

上管部は、薬指にリングがついているが普通のフランス管にとても近いですが、下管が・・・

e0081119_2215844.jpg
写真:B♭管の下管部

B♭管(製造番号は700番台)は、左手の小指以外はほとんどフランス管に近い。

e0081119_22153251.jpg
写真:A管の下管部

A管(製造番号は600番台)は、ドイツ管の雰囲気が残ってる・・・

持った感じ、独特のリングの沈み方、左手小指の沈み方は、ほとんどドイツ管(エーラー・システム)で一瞬エーラー・システムの運指をしてしまいそうになるほどでした。
e0081119_2216920.jpg
写真:レジスターのシステム

吹き心地は、非常に軽く、息をコントロールするのも楽で非常に吹きやすく、吹き方を変えると「フランスっぽい感じ」「ドイツっぽい感じ」「どっちともいえない不思議な感じ」がしました。


写真に撮るのを忘れましたが、Fritz Wurlitzer独特のベルに強引に開けられた音程補正孔がこの楽器にも付けられているので、最低音(ミ)はドイツ管独特の軽く抜ける気持ち良い音が鳴りました。

上管部のタンポはコルク、下管部のタンポはゴアテックスを使用しているので問題が無さそうでしたが、リング付近の3箇所くらいの普通のタンポは劣化していたので問題がありましたが、曲を吹いても普通に演奏が出来る程度でした。

e0081119_22165393.jpg
写真:Fritz Wurlitzer製作のB♭のタル

楽器ケースは非常に薄型で、今では考えられない木をそのまま繰り抜いた作りになっていて、この楽器ケースだけでも価値があるのではないでしょうか?

音程がかなり高いので、それさえ乗り越えられたら演奏を十分に楽しめる楽器だと思います。
僕は、吹いている最中に音程があっていくようになっていきました。

この楽器は1セットしかない売り物なので興味のある方はお早めに・・・


お問い合わせ先:管楽器専門店 ダク
東京都新宿百人町2-8-9
電話:03-3361-4300


F.Wurlitzer
Schmidt-Reform
A&Bbセット、F.Wurliterオリジナル・マウスピース3本(グラナディラ製1本を含む)、タル各2本
1554000円(税込み)
[PR]
by vagaoku | 2009-08-25 12:54 | clarinetto/クラリネット | Comments(0)
大阪へ・・・
8月26日~28日に大阪へ行ってきます。

空いているスケジュールに無理やり行くことにしたので、体調に気をつけながら行ってきます。
[PR]
by vagaoku | 2009-08-24 12:15 | monologo/独り言 | Comments(0)
ついに出た!イタリアの宝くじ!
Sei tu il fortunato?

今年の1月から当りが無く賞金が積みたてられた、ヨーロッパで最高賞金記録を更新していた「Superenalotto(スーペレナロット)」についに当選が出た。

147,807,299.08ユーロ。。。約200億円。。。

1枚2ユーロ(約270円)の宝くじがいったい何枚売られたのでしょうか・・・

今回の高額賞金の宝くじは、イタリアの小さな街の自治体も購入をしていたらしい・・・
「国からの資金を待つより、宝くじを当てた方が早い」と。。。



当選番号は、
10, 11, 27, 45, 79, 88, numero Jolly 42, numero Superstar 63
10、11、27、45、79、88、ジョーカー番号42、スーパースター番号63


トスカーナ州マッサ=カッラーラ(Massa-Carrara)県にあるバニョーネ(Bagnone)と言う小さな街の「Biffi Bar(ビッフィ・バール)」 piazza Roma 2(ローマ広場2番)で当選が出た。

バニョーネは、マッサ=カッラーラ県にあるが、どちらかと言うとリグーリア(Liguria)州のチンクエ・テッレ(cinque terre)の近くにあるラ・スペーツィア(La Spezia)からの方が近いようだ。

山の中にある小さな街で今どのようなことが起こっているのだろうか・・・


高額当選が出た場所では、日本では考えられないほどの盛り上がりをする・・・

このような宝くじは全部で1本しか当選が出なく、どこの街のどこで販売されたという情報がいっぺんに広まるので、イタリアのニュースでも「当選を祝う人たち」としてテレビでも放映されるが、そこには当選者は居ない・・・

「バール(コーヒーやちょっとしたお酒が飲める)」や「タバッキ(小さな街ではバールをかねている場合があるたばこ屋さん)」などで、「おらがぁ街っこからぁ当りが出たぞー」みたいな感じで店の人も「今日はめでたい、おごりだ!」といって発泡酒をバンバン開けてたり・・・

そんな、盛り上がりをしている状況では「当選しました」と出て行くことが出来ないと思う・・・

小さな街では「みんな知り合い」、どれだけ親戚が増えるかわからない、ちょっと外出しただけでどれだけの泥棒がくるか・・・

現在、誰が当選したかはわかっていない・・・

この街に訪れた旅行者は少ないだろうから、小さな街での住民かもしれないだろうけど、出ることが出来ないだろうな・・・
あるとき、「隣の○○さん一家を見かけないけど、、、」と突然居なくなるかも知れないな。。。

映画「ニュー・シネマ・パラダイス」の映画で、宝くじを当てたナポリ人(あだ名)が「パラダイス座」が消失したのを見て「新パラダイス座」を建てた人のような感じなのかもしれないな。。。

e0081119_1135178.jpg
写真:宝くじの売られていた店の前にはこのように掲示されていた。Yahoo! Italiaより
当選金が多く表記されているが、それはイタリアなので・・・
[PR]
by vagaoku | 2009-08-23 11:37 | italia/イタリア | Comments(0)
機種変更
携帯電話を約4年故障もバッテリー交換もしないで使い続けましたがついに機種変更し、日立製のW32Hからソニー・エリクソン製iida G9になりました。

これで赤外線通信が出来るようになりました。

e0081119_21401649.jpg

わかりにくいですが、やはり約4年のねんきが感じられます。

今まで使用した機種を思い出してみると・・・
パナソニック(違うかもしれない)

ソニー

三菱

京セラ

日立

ソニーエリクソン

バラバラです。

e0081119_21404173.jpg

ちなみにイタリアでは、、、
ノキア(壊れた)

モトローラ(盗まれた)

ソニーエリクソン(充電が出来なくなった)

モトローラ

だったはずです。。。

日本では一度も壊したこともなくしたことも無いのに、イタリアではほぼ全滅。。。


e0081119_2141449.jpg

日立製W32H
サイズ : 50x98x25mm
質量 : 126g
ディスプレイ : 2.2インチ
カメラ : 128万画素


ソニー・エリクソン製iida G9
サイズ : 50x115x17.4
質量 : 128g
ディスプレイ : 3.0インチ
カメラ : 319万画素


本体の厚み以外は、全て大きくなりました。
性能はもちろん良くなったのでうれしいのですが、本体が大きくなってしまいました。

次に機種変更する時は、どれくらい進歩しているのかな?

新しい携帯については別の機会に書きたいと思いますが、電源を入れてから起動するまで約1分もかかるのはしょうがないのでしょうか・・・
[PR]
by vagaoku | 2009-08-22 22:40 | monologo/独り言 | Comments(0)
ローマの休日とフランス六人組
昨夜、久しぶりに「ローマの休日」のDVDを見ていました。

自分の知っている場所や通りが出てくると嬉しく、親しみがわきます。

イタリアに住んでいた頃は、ローマが好きではなく場所や通りをそれほど詳しくなかったのですが、今は見ていて大体どの場所か想像がつくようになりました。

ジョー・ブラッドレー(グレゴリー・ペック)がタクシー運転手に「マルグッタ通り51番地」と住んでいるアパートの通りを告げました。

その通りは、映画「道(La Strada:ラ・ストラーダ)」で競演し、後に結婚した映画監督フェデリーコ・フィッリーニ(Federico Fellini)とジゥリエッタ・マジーナ(Giulietta Masina)が住んでいた通りがまさしくその通りでした。

e0081119_14162431.jpg
写真:マルグッタ通り(Via Margutta:ヴィーア・マルグッタ)
2007年11月23日に書いた「道。。。La Strada」より


あの大きなローマの街で知っている名前の通りが出てくるだけでも驚くのですが、映画の音楽がおしゃれに様々な曲をパロディーになっていたり、ものすごく面白いのですが誰が作曲したものかは知りませんでした。

調べてみたらびっくりしました!

「ローマの休日」の音楽は、クラリネットや木管楽器の人にはおなじみのフランスの作曲家ジョルジュ・オーリック(Georges Auric)が作曲していました。

オーリック(1899年2月15日~1983年7月23日)は、「フランス六人組」(ルイ・デュレ、アルディール・オネゲル、ダリウス・ミヨー、ジェルメーヌ・タイユフェール、フランシス・プーランク、ジョルジュ・オーリック)の一人として非常に有名でした。

クラシック音楽やバレエ音楽を多く作曲したが、それらとほぼ同じくらい映画音楽を作曲していました。

オーリックの作曲した映画音楽は、「美女と野獣」(1946年)、「赤い風車(ムーラン・ルージュ)」(1952年)、「ローマの休日」(1953年)、「恐怖の報酬(Le Salaire de la Peur)」(1955年)、「ノートルダムのせむし男」, 1956年)、「悲しみよこんにちは」(1958年)、「さよならをもう一度」(1961年)など、。

後にパリ・オペラ座の音楽監督に就任した。


今まで何度も「ローマの休日」を見てきたが、そのたびに新たな発見があるのには驚きます。
[PR]
by vagaoku | 2009-08-16 15:07 | musica/音楽 | Comments(0)
コンサートと最後のパーティー
浜松国際管楽器アカデミーの最後の夜は、普通にレッスンをした後に、各クラスからの推薦されてた生徒の演奏会、その後にパーティーがあり、次の朝は普通に最終日のレッスン。。。

先生も生徒もきついです。。。

各クラスから推薦するために講習会の3日目の午前中にオーディションをしました。
各先生によって、どのようにオーディションするか違いますが、今回は先生独りで決めてもらいました。

ここからは、裏話になりますが・・・
前日の夜にスカラ座のダヴィデ(フルート)と先生(パオロ・グラーツィア)の三人で食事に行く時に、演奏会を終えたばかりのダヴィデをホテルのロビーで待っていました。

二人でいろいろな話をしていましたが、そのうち「明日のオーディションどうしようか?ヒデはどう考えている?」・・・

奥 「選ぶのが難しいですよね」
パ 「本当に難しいよね」

奥 「みんな上手だし、テクニックもあるし、先生に習ったことを一生懸命理解しようとしているし・・・」
パ 「そうなんだよ。本当にみんな良い子だし、選ぶのが辛いよ。ヒデは今は誰だと思う。」

奥 「○○か○○かな。あと○○も良いと思ったのですが、演奏会には難しいかと・・・」
パ 「僕も大体同じ考えだね。…」

奥 「なので、先生がひとりで決めてください」

注意)会話はかなり簡略化しています。


このようないきさつがあり、次の日のオーディションでは全員の演奏を聴いて、、、
最終的に先生、奥田、ピアニストの三人で少し話して、先生の考えで「オーボエクラスは若さが象徴的なので一番若い子を象徴(マスコット)と考えて、彼女にしよう」となり、オーボエクラスで一番若い16歳(高校1年生)が選ばれました。


そのような経緯があり、オーボエクラスからは、浅原由香さんがサン・サーンス:オーボエ・ソナタ(全楽章)を演奏することになりました。

演奏は本当にすばらしかったです。

休憩の時に先生は「彼女は、本当にすばらしかった。僕の望んでいる演奏をしてくれようとしているのがわかるよ!」と興奮気味にニコニコしながら話していました。


生徒による演奏が終わった後に、マイン・シュロス(Mein Schloss)と言うビア・ホールへ行って打ち上げ?(パーティー)へ。。。


このパーティーでは、毎年クラスごとの出し物をしています。

まじめに演奏をしたり、壊れたり・・・
非常に面白いです。


どこに座れるかで楽しみも違います。
演奏会の途中でオーボエクラスの子に「出来るだけビュッフェの食事が近くにあって、中央に近い席を取っておいて!」と頼んだら、ばっちりの場所を確保してくれていました。

食事もすぐに沢山取ってきてくれ、料理が沢山集まり先生はとてもご満悦でした。

e0081119_14135117.jpg
写真:ピーター・サリヴァン(Peter Sullivan)クラス

e0081119_14141095.jpg
写真:ダーク・イェンセン(Dag Jensen)クラス

e0081119_14143189.jpg
写真:フリッツ・ダムロウ(Frits Damrow)クラス

e0081119_14144536.jpg
写真:クロード・フォーコンプレ(Claude Faucomprez)クラス

e0081119_1415787.jpg
写真:松崎裕クラス

e0081119_14153026.jpg
写真:オーティス・マーフィー(Otis Murphy)、ジャン=イヴ・フルモー(Jean-Yves Fourmeau)、須川展也クラス合同

e0081119_14154633.jpg
写真:ポール・メルケロ(Paul Merkelo)クラス


オーボエクラスの時は、僕は先生のカメラを持っていたので手元に無いので、集合写真だけですが・・・
e0081119_1416012.jpg
写真:パオロ・グラーツィア(Paolo Grazia)クラス


食事は、いろいろな種類があり、みんなで楽しみました!
先生は「かつおのたたき」と「枝豆」に大興奮!

どんなイタリア人でも枝豆は、ものすごく気に入ります。
あの独特の味は、たまらないみたいです。
先生が「枝豆とビールって最高だな~!」といった時には、ちょっと笑ってしまいました!

ビールは大きなガラスのボトルに入って机の上に並べられます。
ドイツビールと言うよりは、ベルギービールに近いような感じがしました。
美味しいかったですが・・・

ソフトドリンクは、なぜか机においてあるビアジョッキを持っていかないと入れてくれないのは、ちょっとどうかと思いますが・・・


そういえば、最後のパーティーにフルートクラスは参加していませんでした。
これは、毎年らしいです。

その他のクラスによっては、参加しないクラスがあります。
今年は、フルートクラスと赤坂達三クラスが参加していませんでした。
[PR]
by vagaoku | 2009-08-06 16:43 | musica/音楽 | Comments(0)
オーボエ・クラスのレッスン
パオロ・グラーツィア(Paolo Grazia)のレッスンの通訳として浜松へ来ています。

クラリネットの僕から見ても非常に面白いレッスンをしています。

音の方向や音の処理やフレーズの作り方などはもちろん、クラリネットの未知の領域のバロック音楽のレッスンも非常に面白いです。

e0081119_2131759.jpg


e0081119_2133939.jpg


体をリラックスさせるレッスンもやりました。
e0081119_2141161.jpg


e0081119_2142347.jpg



そのほかにも面白いレッスンを沢山していました。
e0081119_2154651.jpg


e0081119_2155726.jpg


あと、2日で終わってしまうのは少し寂しいです。
去年は、ファゴットの通訳をしていて思ったのは、自分の楽器ではないからこそ見つかる新たな発見があるのでとても楽しいです。

もっと、ゆっくり長くこの時間が続けばいいのにな・・・
[PR]
by vagaoku | 2009-08-03 02:28 | musica/音楽 | Comments(0)
浜松の景色・・・
浜松に着いた初日はものすごく天気が良かったです。

e0081119_1264429.jpg


e0081119_127149.jpg
写真:2009年7月30日ホテルの部屋からの風景


今日の朝は、ものすごく天気が悪かったです。

e0081119_127597.jpg


e0081119_1281682.jpg
写真:2009年8月2日ホテルの部屋からの景色

部屋より下に雲がかかっていました。
[PR]
by vagaoku | 2009-08-03 01:28 | giappone/日本の事 | Comments(0)
三人だけで食事・・・
今回の浜松管楽アカデミーには、二人のイタリア人が講師として来日しています。

フルート
ダヴィデ・フォルミザーノ Davide Formisano
ミラノ・スカラ座管弦楽団首席

オーボエ
パオロ・グラーツィア Paolo Grazia
ボローニャ歌劇場管弦楽団首席

e0081119_0153226.jpg
写真:静岡新聞に掲載されていた初日の演奏会


フルートのダヴィデは、僕の先生(ファブリーツィオ・メローニ)と同じ管弦楽団なので昔から知っていました。

今回、初めてパオロ(オーボエ)と知り合ったのですが、毎日いろいろな話をして、沢山の共通の知り合いがいて驚いています。
というより、僕がいろいろな人を知っていて驚かれます。。。


昨夜、オーボエ・クラスのみんなでアクトシティー内の「嵯峨浪漫館」と言う居酒屋さんへ行きました。

パオロは「すしは食べられるけど、刺身は無理だ!」と言っていたのに、味見をしたら「俺は、刺身が好物だ!」とか「こんな美味しい、マグロ(マグロのカマ焼き)は初めてだ~!」と大興奮でした。

ダヴィデが今日、演奏会でソロを吹き、、、
フルートの誰とも食事に行かないらしかったので、三人で食事に行くことになりました。

パオロが「昨日のあの店に行こう!」と言い行きましたが、、、大変でした。

ダヴィデが「座敷に上がるのがいやだ」とかパオロが「昨日の刺身の盛り合わせと違う」だの・・・


で、結局満足したのですが・・・

刺身がとても新鮮で彼らは「イカがすごい!」と言い続けていました。
本当は昨夜食べた鯖をダヴィデに食べさせたかったのですが・・・

パオロは昨夜「刺身は無理だ!」と言っていたのに、初めて食べたのが鯖・・・
それがあまりの美味しさに「これは火を通しているだろう」と疑っていたのですが、ほんのわずか「しめ鯖」になっているだけのものでしたが、「鯖がこんなに美味しいなんて、信じられない、俺はだまされているのか・・・こんなに美味しいなんて・・・」と言い続けながら刺身を食べていました。


昨夜は大人数だったので座敷でしたが、今日はカウンターで3人で並んで食べました。
そのうち「あの水槽に入っているカニも頼もう!」と言い出しました。
e0081119_016417.jpg


浜名湖と四万十川の一部にしか生息していない「どうまん蟹」というオス蟹でした。


イタリア人二人は、水槽から捕まえる時に騒ぎまくっていました!
e0081119_017123.jpg


ちょっと高めでしたが、蒸かしてもらい・・・
美味しかったです。

e0081119_0171531.jpg
写真:ダヴィデが携帯のビデオを撮るのに待ってもらっていたら、ハサミにはさまれてしまいました・・・




今日は、アクトシティ浜松中ホールで演奏会がありました。


指揮:加養浩幸
ヤマハ吹奏楽団

モールツァルト/ホルン協奏曲第3番 (ホルン:松崎祐)
スミス/ファンタジア (アルト・サックス:オーティス・マーフィー)
サラサーテ/カルメン幻想曲 (フルーツ:ダヴィデ・フォルミザーノ)
アルチュニアン/トランペット協奏曲 (トランペット:ポール・メルケロ)
エレビー/ユーフォニアム協奏曲 (ユーフォニアム:外囿祥一郎)


マーフィーの演奏はすごかった!!!
これは、パオロ(オーボエの先生)と意見が一致した!
演奏技術も雰囲気も音色も全てすごかったです!

プログラムの後半は、ちょっと残念でした。。。
[PR]
by vagaoku | 2009-08-02 00:18 | giappone/日本の事 | Comments(0)
湿度・・・
今日から、レッスンが始まりました。
僕は、まったく違う楽器の通訳をしていますが、みんなのレッスンは非常に勉強になります。

クラリネットとは無縁のバロック音楽の作品は、非常に勉強になります。
いつか、クラリネットで演奏してみたい今日もいくつかありました。

今日は、湿度がすごかったです。
先生(パオロ・グラーツィア)の楽器は、楽器表面に汗(?)が出ているほどの湿度でした。

レッスン終了後に自分の楽器を出して音だしをしてみたけど、あまりの湿度で楽器が・・・
どうして、みんなこの状態で演奏が出来るのか不思議です。

夕食(飲み会)の時に「この湿度で楽器が重たくないですか?」と先生に聞いてみた、
「ものすごく大変だよ、、、だましだまし吹いているけど、、、この湿度は信じられないね」と・・・

浜松って、こんなに気候が違ったのかな???
[PR]
by vagaoku | 2009-08-01 01:09 | musica/音楽 | Comments(0)