Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧
浜松 オープニング
明日からヤマハ主催の管楽アカデミーが始まります。

僕は、オーボエの通訳として明日から「日本語⇔イタリア語」でぐちゃぐちゃになりそうです。

今日は、オープニングコンサートだけだったので、気が楽だったのですが・・・
コンサート終了後にレセプションがありました。

う~ん、、、
イタリア人にくっついているだけで、どれだけ話しただろう・・・

オープニング・コンサートはすばらしかったです。

明日から・・・
先生は、毎晩飲みに行きたがっている・・・

体がもつのかな・・・
[PR]
by vagaoku | 2009-07-30 23:35 | musica/音楽 | Comments(0)
お弁当と駅弁
浜松駅で買った自笑亭のしらす弁当
e0081119_8164457.jpg



駅の近くで見つけて買ってしまった、鳥善一水庵の鳥重弁当
e0081119_8185292.jpg

鶏肉は、鳥天(鳥のてんぷら)のような衣がついていた。


駅弁は1000円。
鳥重弁当は、450円でした。
[PR]
by vagaoku | 2009-07-30 15:13 | giappone/日本の事 | Comments(0)
ものすごいニュースだ!

イタリアを旅行中のスウェーデン人の中高年カップルが、GPS(全地球測位システム)への誤入力により、目的地から650キロも離れた町で間違いに気付くというハプニングが起きた。
 ロマンチックな保養地として知られるカプリ(Capri)島を目指していたカップルは25日、GPSにスペルを間違えて入力した末、北部の町カルピ(Carpi)に到着。地元の観光事務所でカプリ島にある有名な「青の洞窟」への行き方を尋ねたことで間違いが判明した。
 カルピ行政府のスポークスマンは28日、ロイターに対し「どうしてこのようなことが起きるのか理解に苦しむ。カプリは島なのに」とした上で、今回のような間違いが起きたのは初めてだと語った。また、間違いであることを知ったカップルは驚いたものの、怒ることはなく、車に戻り、南に向け走り始めたという。
 イタリア南部ナポリ湾に位置するカプリ島は、ローマ時代からのリゾート地。一方のカルピは、同国北部エミリア・ロマーニャ州にある活気あふれる産業の町。

yahoo! japan newsより

──────────────────────────────

カルピ(Carpi)と言う街は、バルサミコ酢やフェッラーリで有名なモーデナ(Modena)近くにある町です。
昨日書いた、クインテット・ビビエーナのアンコール・ピースを演奏しているのは、このカルピの街にある劇場(Teatro Comunale di Carpi)のものです。

カプリ島方面へ行くならば、まだ南へ向かう高速道路沿いで、高速道路から5kmも離れていないので、それほど大きな間違いではないと思うのですが、機械に入力する時には十分に注意しましょう!

ちなみに、ヴェネツィア近くにある街で世界中に有名なミラノ(Milano)と名前の似ているミラノ(Mirano)と言う街があります。
この街は、アコーディオン奏者のcobaが留学していたことで有名(?)です。

カプリ島は、ナポリかソッレントの港からフェリーに乗るので「カプリ」と入れても直接のルートが表示されるのか、、、
そっちの方がちょっと疑問です。
[PR]
by vagaoku | 2009-07-29 13:25 | italia/イタリア | Comments(0)
また、つながりがあった!
昨日、御茶ノ水の下倉楽器でボローニャ歌劇場のオーボエ奏者パオロ・グラーツィア(Paolo Grazia)と言う人の通訳をしてきました。

パオロ・ツラーツィアの演奏するパスクッリの「椿姫」の主題による変奏曲

パオロとは明日から浜松でしばらく一緒にいるのですが、昨日随分いろいろなことを話したら、僕のバス・クラリネットの先生ロッコ・パリージと若い頃一緒のオーケストラだったり、アレッサンドロ・カルボナーレと一緒に木管五重奏(Quintetto Bibiena:クアルテット・ビビエーナ)をやっていて、僕がイタリアにいた頃に演奏会を聴きに行き、楽屋に遊びにいっているのでその時にすでに会っていたかも知れなかったのです。。。


カルテット・ビビエーナの・・・ コント仕掛けのアンコール・・・面白いです。
オーケストラをバックにやっているのに・・・
途中、ファゴットの人がタオルを持って歌うのですが、タオルの意味は「パヴァロッティ」のまねをしています。
クインテット・ビビエーナのアンコール・ピース
そのうち、このアンコールや「ピーターと狼」を含んだDVDが出るようです。
youtubeにちゃんとした演奏は見つからないですが、CDは「展覧会の絵」などたくさん発売されています。


明日から通訳の仕事をがんばってきますが、オーボエやファゴットの人ってバロックから現代まで勉強をすることが多くて大変ですね。
通訳をしながら、クラリネットが勉強できないバロック音楽のフレーズの作り方や歌い方を勉強したいと思います!
[PR]
by vagaoku | 2009-07-29 03:23 | musica/音楽 | Comments(0)
ありがとうございました!
国立博物館のファミリーコンサートを聴きに行ってきました。

演奏してくれた東京クラリネット・クワイアーの皆様、指揮をしてくれた稲垣征夫さん、ありがとうございました。
すばらしい形に仕上げてくれて、すばらしい演奏でした。

今回のレハールの「メリーウィドー」は、30人以上用に編曲したもので、僕にとって初めての大編成の曲でした。

演奏してもらった曲は、「ワルツ」と「イントロダクション、踊りとヴィリアの歌」の2曲でした。
「ワルツ」は、1幕の中に出てくる沢山の美しいワルツをつなぎ合わせ、様々なワルツを楽しめるようにしました。
「イントロダクション、踊りとヴィリアの歌」は、2幕の冒頭から華やかに始まる部分で音楽的にもすばらしいのですが、音楽だけだと同じようなメロディーが何度も出てきてしまい、音楽だけで演奏される時はほとんどカットしてしまうことが多いのですが、歌が入ると「歌詞」があるのでメロディー以外の違いが出るのですが・・・
今回の編曲では、オリジナルと同じ長さにしたので管楽器だけで演奏をするのは、とても大変だったと思いますが、、、

終演後に指揮者の稲垣さんに「この続きも時間がある時に作ってくれ!」と言われ、今後もこの曲をどこかで聴くことが出来る可能性がでました。
[PR]
by vagaoku | 2009-07-27 15:46 | musica/音楽 | Comments(0)
Tokyo Clarinet Choir in Tokyo National Musem
Tokyo Clarinet Choir Family Concert 2009
in Tokyo National Museum

2009. 07 . 26 (Sun)

1st Stage 13:00~
2nd Stage 15:00~

Ikuo Inagaki : conductor
Tokyo Clarinet Choir


>>program<<

1st Stage

1. W.A.Mozart (Atsuhiro Isozaki) "Die Zauberflote" Overture
2. F.Lehar (Hideyuki Okuda) "Die lustige Witwe" Valse
3.R.Schumann (Atsuhiro Isozaki) Träumerei
4.J.Strass II (Ikuo Inagaki) Prozeβ-Polka (Polka schnell)op.294
5.J.Strauss II (IkuoInagaki) Wiener Bonbons Walzer op.307


2nd Stage
1. R.Nowotny Quick March Musikantenherz
2. F.Lehar (Hideyuki Okuda) "Die lustige Witwe" Introduction,Tanz und Vilja-Lied
3. R.Schumann(Atsuhiro Isozaki) Träumerei
4. E.Grieg(W.Schmidt) Wedding Day at Troldhaugen
5. J.Strauss II (Ikuo Inagaki) Wiener Bonbons Walzer op.307
[PR]
by vagaoku | 2009-07-26 08:10 | musica/音楽 | Comments(0)
演奏会のお知らせです。
と言っても、僕が出演をするのではなく、僕の編曲した作品が演奏されます。

■ 東京国立博物館 ファミリーコンサート ~博物館で音楽を~
2009年7月26日(日)   
1回目 13:00~ 
2回目 15:00~ (各ステージ約40分)

指揮 稲垣 征夫
演奏 東京クラリネット・クワイアー

>>プログラム<<
W.A.モーツァルト/磯崎敦博編曲/歌劇「魔笛」序曲
F.レハール/奥田英之編曲:喜歌劇「メリーウィドウ」より
R.シューマン/磯崎敦博編曲:トロイメライ            
J.シュトラウスII/稲垣征夫編曲:ポルカ「訴訟」
J.シュトラウスII/稲垣征夫編曲:ワルツ「ウィーンのボンボン」    
演奏会の入場無料 
但し博物館への入館料が必要です。 
一般 \600 大学生\400 満70歳以上・高校生以下 無料

僕の作品は、1回目と2回目で演奏されます。
どちらかが「ワルツ」で、どちらかが「イントロダクション、踊りとヴィリアの歌」のはずです。

もし、上野へ来られるようでしたら、足を運んでください。
今日ですが・・・
[PR]
by vagaoku | 2009-07-26 08:06 | musica/音楽 | Comments(0)
Hark! - ハーク!
リチャード・ストルツマン CDデータ


Hark! Cristmas

- Ding Dong
- Silent Night
- What Child Is This
- We Three Kings
- Adeste Fideles / Gesu Bambino
- I Wonder As I Wander
- O Little Town of Bethlehem / O Tannenbaum
- Deek the Halls
- There Is No Rose
- Away in a Manger / Amazing Grace
- He Shall Feed His Flock
- O Come Immanuel
- Nativity Carol
- Winter
- O Holy Night

Richard Stoltzman : clarinet
Eddie Gomez : bass
Dave Samuels : vibraphone, marimba&percussion
Jeremy Wall : keyboards


e0081119_1613911.jpg
BMG
09026612722
out of print
[PR]
by vagaoku | 2009-07-25 03:01 | stoltzman CD | Comments(0)
FRANCIACORTA / Contadi Castaldi
FRANCIACORTA / Contadi Castaldi」へ
[PR]
by vagaoku | 2009-07-24 10:10 | vino/ワイン | Comments(0)
Foss / Englung / McKinley
リチャード・ストルツマン CDデータ


Foss / Englung / McKinley Concerts

- William Thomas McKinley / Concerto No.2 (1990)
- Einar Englund / Concerto (1991)
- Lukas Foss / Clarinet Concerto (1988)

Richard Stoltzman : clarinet
Deutsches Sympohnie-Orchester Berlin
Lukas Foss : conductor



e0081119_1614185.jpg
BMG
09026619022
out of print
[PR]
by vagaoku | 2009-07-23 09:15 | stoltzman CD | Comments(0)