Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
クアットロ・アンチェの演奏会を終えて
11月27日の演奏会は、沢山の方に来ていただきました。
本当にありがとうございました。

今回の演奏会も沢山の方のご協力のもと、クアットロ・アンチェの演奏会を終えられ、クアットロ・アンチェの第2弾CD「くるみ割り人形」も無事に発売することができました。


アンコールでは、シューマン:トロイメライ(夢)を演奏させてもらいました。
メンバーにわがままを言い、急遽演奏することになりました。

奥田の楽譜を出版もらっているビムス・エディションズの社長岩崎さんがクアットロ・アンチェの演奏会の1ヶ月前に急死され、奥田の初めて出版されてもらったシューマン:子供の情景からの1曲をアンコールに追悼の意味をこめて演奏させてもらいました。

去年の演奏会では、楽譜の販売を手伝っている岩崎さんの姿を見ることができたのですが、、、



その他にも、受付を手伝っていただいた方々、ステージの裏方をやってくれた方、トリフォニーホール関係者の方、全ての方々に感謝しています。

ありがとうございました。


これからもクアットロ・アンチェともども、よろしくお願いします。
[PR]
by vagaoku | 2008-11-29 08:54 | clarinetto/クラリネット | Comments(0)
サントリーで再会:吉川隆弘
先日11月23日に吉川隆弘さんのピアノ、リサイタルへ行ってきました。

サントリーの小ホールへ行くのは久しぶりでした。
いつ以来だったのか・・・
大学生の頃、ファゴットの小山さんのリサイタル以来かも知れない。。。


さて、ピアノの吉川さんは、いったい何年ぶりの再会だったのだろう?
ミラノでスカラ座のメローニのレッスンの時にピアノを何度となく弾いてもらっていました。
「いつか日本に帰ったときには吉川さんに弾いてもらいたいな」とずっと思っていました。

何度もレッスンに付き添ってもらっていたので、こっちが何も言わなくてもわかってくれるし、何よりも吉川さんの存在感が・・・

2004年日本へ発つ時に最後にミラノでシューマン:幻想小曲集を一緒に録音してもらったほどです。
あの時以来の再会でした。



e0081119_9314294.jpg
写真:吉川さんのホームページより
吉川さんらしい写真で少しにやにやしてしまいました。


吉川さんの名前を久しぶりに聞いたのは、夏に通あくとして参加した講習会でファゴットのズッキアッティから「ヨシ(芳川さんはイタリア人から「ヨシ」と呼ばれています)は、イタリア人と結婚して、子供が生まれるよ」という話しからだった。

懐かしさと驚きで・・・

その勢いでインターネットで検索をしたらホームページを見つけ、何とかコンタクトが取れ、しかも、東京でリサイタルがあることがわかりました。


サントリーホール ブルーローズ(小ホール)にてリサイタル

ソプラノ 山口佳子(ゲスト)
program:
ショパン:ポロネーズ 第6番 変イ長調 作品53 「英雄」
ショパン:バラード 第4番 ヘ短調 作品52
リスト:ラ・カンパネラ
リスト:愛の夢 第3番
リスト:リゴレット・パラフレーズ
ヴェルディ:オペラ「リゴレット」より 「慕わしき人の名は」 ほか


良い演奏会だったな~。
吉川さんらしい演奏会だったけど、もっと出して欲しかったな~。
でも、吉川さんに刺激され、イタリアのことをたくさん思い出したので11月27日のクアットロ・アンチェの演奏会へ向けてがんばろう!!



イタリアにいた頃の写真を探してみたけど、まともに写っている吉川さんの写真がない・・・
普段と違う壊れた状態のときについ写真を写していたのかも知れない。
思い出はたくさんあるのにな・・・

e0081119_9381358.jpg
写真:吉川さんとクラリネットのAlessandro Falco(アレッサンドロ・ファルコ)
この二人は、いつでも一緒だったな・・・
2002年ウンブリア州チッタ・ディ・カステッロにて
2002-citta di castello

吉川さん&アレッサンドロの写真は、こちらからでも見ることができます。
ホームページ
このホームページの写真を見るとアレッサンドロは、完全にメローニを意識した格好で演奏しているように見えるな・・・
アレッサンドロは、今でも相変わらずなんだろうな・・・
[PR]
by vagaoku | 2008-11-25 21:28 | musica/音楽 | Comments(0)
冬の楽しみ! イタリアの焼き栗
イタリアの冬。。。
特にロンバルディア州、ヴェネート州は深い霧に包まれて、雨が多く、暗く、寒い季節です。

そんな季節、散歩に出かけると、よく食べていたものがあります。

Castagna arrosto (カスターニャ・アッロースト) 焼き栗です。


街中のあちこちから、栗を焼く香が漂ってきます。

この時期には、家でも出来るようにフライパンに穴の開いたような「焼き栗機」もスーパーで売り出されます。


e0081119_1743834.jpg
写真:寒い冬には、やっぱり焼き栗です。

e0081119_17442795.jpg
写真:おばちゃんたちも屋台に群がってきます。




e0081119_221116100.jpg
写真:上の写真を拡大しました。


Mercato(メルカート:青空市)やスーパーでおいしそうな栗を見つけたら、家で焼いたほうがとっても安上がりです。

たとえ、専用のフライパンがなくてもオーブンがあれば簡単に焼き栗ができます!!


e0081119_17452823.jpg


家にある肉などを切るナイフで栗の一部に切れ目を入れて、オーブンで焦げない程度焼けば簡単に焼き栗が出来上がり!


e0081119_17462533.jpg
写真:イタリアにいる時に、フランスの有名な栗ペーストでも使っている、ピエモンテ州クーネオ産の栗を使い、オーブンで焼いて作った焼き栗。

日本の物より渋皮が実に入り込んでいるので焼き栗にしないと皮がなかなかむけないです。
[PR]
by vagaoku | 2008-11-20 09:57 | mi piacciono...好きな.. | Comments(2)
Lamborghini in Polizia:ランボルギーニ その3



イタリア国家警察に、史上最速のパトカーLamborghini Gallardo(ランボルギーニ・ガッラールド)が配備された。

e0081119_9481559.jpg



イタリア国家警察で精鋭30名(うち女性は3名)だけが、この(Gallardo)ガッラールドに乗ることが許されており、定期的にランボルギーニのテストドライバーからドライビングレッスンを受講していた。
メーカーの全面的バックアップ体制のもとで、ガッラールドの性能をフルに引き出せるよう、訓練されている。

e0081119_947312.jpg


さてこのパトカーの使用目的は、、、

サレルノ-レッジョ・カラブリア間(南イタリア)の高速道路での緊急事態に対応。
というのが主な使用目的のようです。

そのほかに血漿(けっしょう)や移植臓器の輸送などの緊急医療用にも使用されます。

それなら救急車でもいいような感じが・・・

e0081119_16404169.jpg


最新パトカーが高速で走っても目立つように、ルーフには青色のLED(青色発光ダイオードー)フラッシュ灯が取り付けられる。


e0081119_9474929.jpg


まさか、他のパトカーと同じように・・・

「昼の休憩時間だ!」、「お母さんの手料理が冷めちゃうよ!」、「彼女との夕食の待ち合わせに遅刻しちゃうよ!」とか、個人的な私用でサイレンを鳴らしまくり、どんな狭い道でも人の要る道でもびっくりするような速度で・・・
なんてことにならないように願っています。



イタリアのパトカーは、アルファ・ロメオ(Alfa Romeo)やフィアット(FIAT)が使用されているが、1960年代のローマには、フェッラーリのパトカーが活躍したそうです。

e0081119_9483323.jpg


イタリア県警察(Questura:クゥエストゥーラ)に配属されたのは、真っ黒なFerrari 250 GT/E 2+2というタイプだったらしいです。
「2+2」は座席の数で、1963年から1973年まで活躍していて、最高速度は230km/hを誇っていたらしい。

このフェッラーリのパトカーを見て「大人になったら警察官になりたい」と夢見る少年が多かったとか。。。




写真はすべて、イタリア語、英語のニュースサイトから資料用に借用させていただきました。

Lamborghini社のホームページへ
[PR]
by vagaoku | 2008-11-18 17:30 | italia/イタリア | Comments(0)
クアットロ・アンチェの演奏会を楽しむための・・・ビゼー
ジョルジュ・ビゼー(Georges Bizet:1838.10.25-1875.6.3)
e0081119_12524836.jpg



今回の演奏会の為に、ビゼー:歌劇「カルメン」をクラリネット四重奏用に書き下ろしました。

前回の演奏会では、チャイコフスキー:バレエ「くるみ割り人形」組曲を全曲演奏し、クラリネット4人で演奏するには大曲だったのですが、懲りずに大曲への挑戦になりました。

「カルメン」は、多くの人が知っている曲が多く、演奏する楽しさもあるので、クラリネット四重奏の可能性を広げるために編曲をしてみました。

ホフマン編曲のオーケストラ版の組曲からの編曲ではなく、オペラ全曲版からの抜粋という形で編曲をしました。

クアットロ・アンチェ用の編曲としては、初めてエス・クラリネットも使用し、音色の変化を耳でも目でも楽しめるような作品に仕上がりました。


演奏予定曲(曲順不順)

・アラゴネーズ (第4幕への間奏曲)
・ハバネラ (恋は野の鳥:第1幕)
・衛兵の交代 (子供たちの合唱:第1幕)
・アルカラの竜騎兵 (第2幕への間奏曲)
・闘牛士の歌 (第2幕)
・五重唱 (第2幕)
・ジプシーの踊り (第2幕)
・アンサンブルの断片 (第3幕)
・終曲 (闘牛士:第1幕への前奏曲)



演奏曲の編成・・・

・アラゴネーズ (第4幕への間奏曲)
3クラリネットB♭+ バス・クラリネット

・ハバネラ (恋は野の鳥:第1幕)
3クラリネットB♭+ バス・クラリネット

・衛兵の交代 (子供たちの合唱:第1幕)
2クラリネットE♭+ クラリネットB♭+ バス・クラリネット&クラリネットB♭

・アルカラの竜騎兵 (第2幕への間奏曲)
クラリネットA+2クラリネットB♭+ バス・クラリネット

・五重唱 (第2幕)
3クラリネットB♭+ バス・クラリネット

・闘牛士の歌 (第2幕)
3クラリネットB♭+ バス・クラリネット

・アンサンブルの断片 (第3幕)
3クラリネットB♭+ バス・クラリネット

・ジプシーの踊り (第2幕)
3クラリネットA + バス・クラリネット

・終曲 (闘牛士:第1幕への前奏曲)
3クラリネットA + バス・クラリネット
[PR]
by vagaoku | 2008-11-15 18:30 | clarinetto/クラリネット | Comments(0)
Lamborghini in Polizia:ランボルギーニ その2
イタリア国家警察誕生152年を記念して、ローマでLamborghini Gallardo(ランボルギーニ・ガッラールド)の新車パトカーのお披露目が行われました。

車体は、従来のパトカーと同じように塗装されているが、モデルはLamborghini Gallarudo(ランボルギーニ・ガッラールド)と同じと言う、誰の目にも止まってしまうパトカーです。

e0081119_1214325.jpg



その効果を狙ってか、高速道路での速度違反取り締まりを担当するようだ。
イタリア国家警察は「ガッラールドが走行しているだけで、速度超過はもちろん、無謀な追い越し、緊急レーン走行などの違反行為がめっきり減る」とPRしているようです。

e0081119_12151735.jpg



イタリア国家警察に納車された「Gallardo LP560-4」は、従来モデルからのマイナーチェンジ車になっている。
最大出力560psを発生する5.2リットルV10搭載し、ボディーの軽量化や足回りの改良もあって、0-100km/hの加速は0.3秒短縮して3.7秒、最高速度は10km/h増して325km/hになった世界最速のパトカーなのかもしれないです。

e0081119_12313920.jpg


価格は、200,000ユーロ、日本代理店の価格は2428万円です・・・
が、ランボルギーニ社からの寄贈らしいです。


車内は、いつも警官がブーツの脇に差し込んだり、ぶらぶら手で持ったり、パトカーからぶんぶん振り回している、停止棒(赤い丸の描かれた白い棒)をドアに収めるフックが付いていたり、サテライトシステムのナビゲーションシステム、事件の終始を自動録画したり、録画した映像や撮影した情報は警察本部へリアルタイムで送信したり、警察の持つデーターバンクへ接続しナンバープレートから車両所有者を割り出したり、、、

e0081119_9425741.jpg


無線システムは、従来の物らしいですが、他の新しい機器はちゃんと使いこなせるのか・・・
すぐに壊してしまうのでは、ないでしょうか?

e0081119_9431594.jpg


車内シート後方にはコンピューターや記録装置が置かれているようです。。。


e0081119_9433668.jpg



ランボルギーニ その1
ランボルギーニ その3


写真はすべて、イタリア語、英語のニュースサイトから資料用に借用させていただきました。

Lamborghini社のホームページへ
[PR]
by vagaoku | 2008-11-08 12:15 | italia/イタリア | Comments(0)
Lamborghini in Polizia:ランボルギーニ その1
イタリアの警察と言うのは、国家、軍、州、交通、財政、観光、都市、、、
様々な警察があり、複雑すぎていまだによくわかりません。

今回は、Polizia di Stato(ポリーツィア・ディ・スタート:国家警察)です。
内務省所属の警察(緊急通報用電話番号は「113」)のようです。

イタリアではよく見かける、紺を基調とした制服で薄めの青に白いラインが特徴でビックリするくらい高速で街中を爆走してるパトカーに乗っている、あのPolizia(ポリーツィア)に一瞬「映画用のパトカーかな?」と思ってしまうようなパトカーが配備されました。

e0081119_1112505.jpg



イタリアの誇る車メーカー、Lamborghini(ランボルギーニ社製)のパトカーです。

Lamborghini Gallardo(ランボルギーニ・ガッラールド)LP560-4がイタリア国家警察仕様に2008年10月24日に配備されたのですが・・・

e0081119_11131578.jpg



これまでイタリア国家警察には2台の「ランボルギーニ社製ガッラールド」が配備されたそうです。
1台目は2004年にローマ、2台目は2005年にボローニャに配備され、両者は高速道路のパトロールが主な任務で、走行距離はそれぞれ139,000km、99,000kmと活躍しているようです。

e0081119_11134893.jpg


今回納車したのは、1台目の代替車両だそうです。



今回の記事を書くにあたって調べていたら、Lamborghini Gallardo「ガッラールド」を調べていたら、日本語では「ガヤルド」とスペイン語表示をしているのに驚きました。

色々なところでイタリア語とスペイン語表記が混同しているようです。



ランボルギーニ その2
ランボルギーニ その3


写真はすべて、イタリア語、英語のニュースサイトから資料用に借用させていただきました。

Lamborghini社のホームページへ
[PR]
by vagaoku | 2008-11-04 11:13 | italia/イタリア | Comments(0)