Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
浅草サンバカーニバル
8月30日に浅草サンバカーニバルが行われました。

ずっと不思議なのですが、何のために行われている祭り(?)なのでしょうか?

そもそも「カーニバル」は、ラテン語の「カルネヴァーレ(carnevale)」の英語です。

イタリア語でも「carnevale(カルネヴァーレ)」と言います。

carne(肉)+vale(絶つ)の合成語でキリスト教で肉を絶つ期間の間のことをさし、日本語で言うと「謝肉祭」となります。

謝肉祭期間は1週間ぐらいで、日にちもその年によって変わります。

計算方法は、別の機会に詳しくやります。


さて、「謝肉祭」と言うのは大体の場合2~3月の冬のお祭りです。

日本のイメージで「カーニバル(カルネヴァーレ)」というと「夏のお祭り」なのかもしれません。
それは、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロの「カーニバル」が影響されているように思われます。

リオ・デ・ジャネイロは、南半球なので「冬の祭り」でも「夏の祭り」だと言うこと。。。

なので、北半球の夏で「カーニバル」とは、、、
ちょっと考えると変なお祭りだと思いませんか?


浅草サンバカーニバル公式ページ
[PR]
by vagaoku | 2008-08-30 23:52 | giappone/日本の事 | Comments(0)
ちゃんと考えて欲しい・・・

このニュースを見て、ちょっと悲しくなりました。

まだ、そういう考えをしているなんて・・・


-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-


群馬県は20日、尾瀬国立公園の入山ルート尾瀬戸倉~鳩待峠間で、廃食用油からつくられ環境に優しいとされるバイオディーゼル燃料(BDF)使用のマイクロバスを24日から試験運行すると発表した。

群馬県利根環境森林事務所によると、運行するのは県内の観光タクシー会社など4社。
同ルートの一部区間約3.5キロは入山シーズン中のマイカー乗り入れが規制されており、登山客はタクシーやバスで移動している。
同事務所は「BDFは尾瀬の環境を保つためにも重要だ」としている。

BDFは、同県伊勢崎市など自治体が集めた廃食用油を県内のリサイクル業者が精製、軽油を混ぜずに使うという。
食用油は二酸化炭素(CO2)を吸収する植物が原料で、BDFを燃やしてもCO2の排出量はゼロと換算される。

2008.8.20 19:59
ニュースから引用。

-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-



環境のことを考えるなら、せめて電気バスにしたほうが・・・

植物を原料にしているのだから、植物を刈り取っているのだから、まったく意味が無い・・・


本当に未来の状況を考えているのか、意味が無いです。
電気自動車、または水素燃料の電気自動車(水素燃料は燃焼されたあとに水しか排出されない)を使うことを考えたほうがよいと思う。

どうして、いまだにバイオ燃料を使おうとする考えが出るのか、まったくわかりません。。。
[PR]
by vagaoku | 2008-08-22 04:51 | monologo/独り言 | Comments(0)
突然の事故死

イタリアに興味を持った人なら、聞いたことがある有名な会社の社長が突然亡くなった。

イタリアを代表するデザイン会社「Pininfarina S.p.A.(ピニンファリーナ)」の社長、Andrea Pininfarina(アンドレア・ピニンファリーナ)氏が愛車スクーターヴェスパに乗り、通勤途中に事故死をした。


イタリアの様々な事情を知っている人なら「何か、裏がありそうな感じ」を直感するような、事故死に思えてしまう。

e0081119_1324111.jpg
写真:イタリア・トリーノ(Torino)冬季オリンピックの聖火で使用されたトーチをデザインをデザインした。
ヤフーニュースより転用


ピニンファリーナ社は、フェッラーリなどの自動車のデザイン、エンジン部などの生産や既存車からの改造デザインを得意としているが、イタリアの工業デザイン会社らしく幅広くデザインをしていて、船舶、鉄道、トラック、バス、トラクター、オートバイ、フォークリフト、オフィス用の椅子、プロジェクター、スピーカー、エスプレッソマシーン、ゴルフクラブ、電話、サングラス、時計、靴、歯ブラシ、浴槽、PC周辺機器などまで幅広く手がけている。


ピニンファリーナ家は、初代Battista Farina(バッティスタ・ファリーナ)氏がpinin+farinaで苗字を改名した。
バッティスタは、「Pinin(ピエモンテ弁でpiccino:ピッチーノ=”年齢や身長が”小さい、子供などの意味がある)」と愛称で呼ばれていたので、愛称と自分の苗字を社名と苗字にしたようだ。

ちなみに、「farina」はイタリア語で「(小麦粉などの)粉」を指します。


以前、このブログ内で「ピニンファリーナ」の名前が出た記事


-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-

ヤフーニュースより

フェラーリなどのデザイン開発・設計を手がけるイタリアのカロッツェリア、ピニンファリーナのアンドレア・ピニンファリーナ会長兼社長が、イタリア時間7日朝、トリノで交通事故のため死亡した。51歳だった。

アンドレア・ピニンファリーナ会長は午前8時過ぎ、灰色のベスパ・スクーターに乗ってモンカリエリの自宅からカンビアーノの研究センターに出勤途中、78歳の男性が乗る赤のフォード・フィエスタと衝突。路上に投げ出された。アンドレア会長は、近くの病院に運ばれたが死亡が確認された。

目撃者によると、当時現場で荷おろしをしていたトラックで視界が悪かったという。

アンドレア・ピニンファリーナ氏は、ピニンファリーナ家の3代目。1981年トリノ工科大学を卒業し、1983年にピニンファリーナに入社。2001年に社長に就任した。 今年春までは、イタリア工業連盟の副会長も務めていた。

7日昼には、早くもジャンフランコ・フィーニ上院議長をはじめ、数々の政財界人から追悼のメッセージが送られている。フィアットのモンテゼーモロ会長も「大切な友人を失った」とコメントを発表している。


-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-

e0081119_1324297.jpg
写真:アンドレアとピニンファリーナ社デザインのフェッラーリP4/5
ウィキペディアより転用



そのほか、1999年4月にトラサルディの当時社長のNicola Trussardi(ニコラ・トラサルディ)がミラノからベルガモの自宅へ帰宅途中の高速道路の壁に激突して死亡した。

この事故も、何か裏がありそうな事故死だった。
[PR]
by vagaoku | 2008-08-07 22:49 | monologo/独り言 | Comments(1)