Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
干しブドウ。。。uvetta
uvetta (ウヴェッタ)
uva sultanina(ウーヴァ・スルタニーナ)
uva passa(ウーヴァ・パッサ)

ブドウは「uva(ウーヴァ)」と言います。


乾燥果物は、昔から好きでした。

その中でも干しブドウは、手軽でどこでも手に入るのでよく食べていました。


イタリア産の物は、特に味がよく自然な風味と甘みがなんとも言えなく、乾燥果物らしい美味しさが後を引きます。

イタリアでは、いろいろな種類の物を購入することが出来ますが、信頼のおける店で出来るだけよいものを購入する事をお勧めします。


e0081119_21365016.jpg
写真:ミラノの食材店で購入した白ブドウの干しブドウ


イタリアでは、干しブドウから地域の特徴あるデザート・ワイン(vino passito、vin santo、zibibboなど)が多く作られているので、その地域ならではの品種の干しブドウを手に入れることが出来ます。

一般的な品種のブドウ(uva biancaなど)や有名なデザート・ワイン(vino passitoなど)に使われるような、白ブドウや赤ブドウの物があり、それぞれ味わいがあります。

日本でも最近見かけるようになってきた、枝が付いたままの干しブドウもスーパーなどで見かけることもあります。


e0081119_21352425.jpg
写真:ティースプーンに乗せると大きさがよくわかる


干しブドウのことを調べていたら、「レーズン」と言う言葉を忘れていたことに気が着きました。


写真はすべて、イタリアで撮影した物です。
[PR]
by vagaoku | 2008-03-15 21:01 | cibo/食品 | Comments(0)
通訳として・・・
昨年、11月7日に銀座ヤマハ・アトリエでパリ管弦楽団主席ファゴット奏者ジョルジオ・マンドレージ(Giorigio Mandolesi)の公開レッスンの通訳(イタリア語)をしました。

公開レッスンのあとに、管楽器専門誌「PIPERS(パイパーズ)」のインタビューでも通訳をしました。

そのときの記事が今月号に掲載されました。

e0081119_10562282.jpg
ジョルジオ・マンドレッシとなっていますが・・・


昔から読んでいる雑誌に「通訳:奥田英之」と載っているだけでもうれしいです。



ジョルジオ・マンドレージ(GIORGIO MANDOLESI)のプロフィール

ジョルジオ・マンドレージは、1991年にローマ・聖チェチーリア音楽院をファゴット・クラスの最高得点で卒業をした。
1999年にミラノ市立音楽学校をバロック・ファゴットで卒業をした。

ナポリ・サン・カルロ劇場、ジェノヴァ・カルロ・フェニーチェ劇場などの首席奏者をへて、2003年2月よりパリ管弦楽団のスーパーソリストとして活躍中。
その他に、イタリア、スペイン、フランス、スイス、ロシアなどのオーケストラ、バロック・オーケストラ、室内楽などでも活躍している。

これまでに、モダン・ファゴットをマルコ・コスタンティーニ(Marco Costantini)に師事。
バロック・ファゴットをアルベルト・グラッツィ(Alberto Grazzi)に師事。

現在、パリ音楽院で、チューリッヒ音楽院でバロック・ファゴットと現代ファゴットを教えている。
[PR]
by vagaoku | 2008-03-11 18:53 | musica/音楽 | Comments(0)
Master classe - Richard Stoltzman-

Richard Stoltzman
Master classe a tokyo zona di sinjuku

30.03.2008 lunedi

master classe 14:00~
concertino 19:30~

info:
Musical Instruments Shop DAC
- sig. Furuyama -
tel:03-3361-2211
info@kkdac.co.jp

- sig. Okuda -
cell: 090-8107-6587

e0081119_23424948.jpg

[PR]
by vagaoku | 2008-03-08 11:07 | musica/音楽 | Comments(0)
リチャード・ストルツマンの公開レッスン -東京-
この度、私の先生でもあるリチャード・ストルツマン氏の公開レッスン&ミニ・コンサートを主催することになりました。



e0081119_233017100.jpg



リチャード・ストルツマン マスタークラス&ミニ・コンサート


<日時>
2008年3月31日(月)
公開レッスン:14時~18時
ミニ・コンサート:19時半~

<会場>
スペースDo
(ダク地下1階:JR山手線、新大久保駅より徒歩3分)

<料金>
受講:30000円
聴講&ミニ・コンサート:前売一般4000円、学生3500円
(当日一般4500円、学生4000円)

<お申し込み、お問い合わせ>
株式会社ダク「ストルツマン・マスタークラス」(古山)
03-3361-2211
または、奥田
090-8107-6587
まで。

ご存知の通りこれほど有名なストルツマンですが、日本での公開レッスンは今回が初めてとなります。
また大ホールでの演奏ではなく、間近でレッスンや演奏を聞くことができるのは稀なことで、またとない絶好のチャンスです。

多くの方でストルツマンをお迎えできればと思いますので、皆様ご多忙とは思いますが、多くの方にお声をかけて頂ければ幸いです。
よろしくお願い申しあげます。


主催:奥田英之
後援:日本クラリネット協会、株式会社ダク


ダク
新宿区百人町2-8-9
tel: 03-3361-2211
info@kkdac.co.jp


e0081119_23313768.jpg


写真は、すべて奥田英之の撮影したものです。
[PR]
by vagaoku | 2008-03-07 23:16 | musica/音楽 | Comments(0)
リラからユーロへ

ユーロが導入される前、イタリアではLira(リーラ)が通貨として使われていました。
複数形は「Lire(リーレ)」でした。

今となっては、懐かしいです。

イタリア語を勉強始めたばかりの頃に、通貨のあまりの数字の大きさに数字を覚えるのが大変でした。





e0081119_045593.jpg
写真:ユーロが導入されたばかりの頃、記念に撮影した物。
右上から1000円、10ユーロ(2001年は1ユーロ=120円ぐらいだったが、2007年は1ユーロ=165円ぐらいになった)、1000リラ(リーラ最後の頃は、1000リラ=65円くらいでした)



1,000リラ札は、マリア・モンテッソーリ
2,000リラ札は、グリエルモ・マルコーニ
10,000リラ札は、アレッサンドロ・ヴォルタ
50,000リラ札は、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ
100,000リラ札は、カラヴァッジオ

リラを使っていた頃は知らなかったけど、100000リラ札の肖像画はカラヴァッジョだったのか。。。
[PR]
by vagaoku | 2008-03-05 22:02 | italia/イタリア | Comments(0)
がんばらないと・・・

e0081119_693564.jpg

richard stoltzman & hideyuki okuda
[PR]
by vagaoku | 2008-03-01 13:08 | musica/音楽 | Comments(0)