Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
2007年夏、イタリア滞在紀:その7

フィレンツェから思い出の地、シエナへ行ってきました。


e0081119_2020125.jpg
写真:サン・ドメニコ教会付近からシエナ旧市街を望む。
2007.08.28 Siena


イタリアで初めて住んだ街がシエナでした。

わずか2ヶ月間ほどでした。

僕にとっては、その2ヶ月間はとても大きな思い出となっています。

e0081119_20344010.jpg
写真:シエナのドゥオーモ(Duomo:大聖堂)内部。
2007.08.28 Duomo di Siena


シエナの文化、習慣、人々の生活と考え、全てが思い出として残っています。

それは、イタリアで一番好きな街だからかもしれません。




e0081119_2143564.jpg
写真:夜のシエナ。
月がとても綺麗だったので、マンジャの塔(Torre del mangia)の後ろに月が来るような位置から撮影してみました。


シエナの詳しい情報や写真は「Vagabondo:ヴァガボンド」→「vagabondo:ヴァガボンド」→「Toscana:トスカーナ」→「Siena:シエナ」と「Galleria di Siean:シエナ・ギャラリー」をごらんください。
[PR]
by vagaoku | 2007-08-30 21:07 | viaggio/旅 | Comments(0)
2007年夏、イタリア滞在紀:その6
アンコーナを朝に出て、予定通りの時間にフィレンツェに着きました。


前日、予約がまったく取れなかった区間(アンコーナ~ボローニャ)は、海沿いの町からミラノ方面に帰る人が多く、予約を取れなかった人たちが普通列車にたくさんの人が乗り込んできました。

その為、列車は多少遅れてボローニャに到着したけれど、乗り換え時間を多めに取っていたので、フィレンツェ方面の特急に乗り換えがちゃんとできました。

e0081119_15131758.jpg
写真:普通列車に乗り込む人々。
2007.08.26 Rimini



アンコーナと比べるとフィレンツェは暑いです。
日本と同じくらいかな?
今日の最高気温は、34度だったと思います。

あまり暑い中を観光せず、夕方になってからゆっくり散歩をしました。


やっぱり、フィレンツェは良いな~。

フィレンツェ(Firenze)は、古代ローマ時代に花の女神フローラの街としてフロレンティーア(Florentia)と名付けた事が語源とされているらしいが、これほどまでに街の名前の由来自体が美しい街ってあるのでしょうか???


現在はすっかり観光地ですが、やっぱりこの街は好きです。
明日から、今まで行ったことの無い美術館などを回る予定です。


e0081119_16271830.jpg
写真:フィレンツェ、ポンテ・ヴェッキオ(Ponte Vecchio:ヴェッキオ橋)を上流方面から見た景色。
[PR]
by vagaoku | 2007-08-27 16:32 | viaggio/旅 | Comments(1)
2007年夏、イタリア滞在紀:その5
現在、マルケ州にあるアンコーナ(Ancona)と言う街を起点にあちこち移動しています。

講習会を受けていたセルモネータからアンコーナへ移動したのは7月30日だったので、もうすぐ1ヶ月経ちます。

8月中にアンコーナから訪れた街は、
マルケ州:マチェラータ(Macerata)、カメリーノ(Camerino)、ロレート(Loreto)、シローロ(Sirolo)
ラーツィオ州:ローマ(Roma)、ヴァチカン市国(Città di Vaticano)
ウンブリア州:チッタ・ディ・カステッロ (Città di Castello)、ノルチャ(Norcia)
トスカーナ州:サンセポルクロ(Sansepolcro)
スイス:ジュネーブ(Ginevra:イタリア語表記)
と言う感じで、普段なかなか行けなそうな街ばかりです。


昨日からフィレンツェとシエナへ旅たとうと駅に行ったのですが、昨日(土曜日)と今日(日曜日)のアンコーナからボーニャ方面へ行く指定席の取れる列車全てがいっぱい。
切符売り場のおばさんも笑うしかない状態でした。
ちなみに切符売り場のおばさんは暇だったらしく、「来週の列車も見てみよう」と言い、調べ始めました。
来週の日曜日のアンコーナからボローニャ方面の特急列車の2等車は既に完売状態。
やっと、イタリアの夏のヴァカンスが終わるようです。。。

なので、今日の朝、アンコーナからでる鈍行列車でボローニャへ行き、そこから特急に乗ってフィレンツェへ移動します。
たぶん、これだけ込んでいると言うことは、列車がかなり遅れるような感じがします。
ちゃんと乗り換えられるのか。。。
もし、ちゃんと時刻表通りなら
アンコーナ 8:40→普通列車→ボローニャ 11:22
ボローニャ 12:04→特急→フィレンツェ 12:04
と言う感じです。

日本だと信じられないかもしれないですが、20分以内の乗り換えは結構危険で、乗り換えられないことがあります。
まして、昨日と今日のように指定席がいっぱいの列車ばかりが走っていると言うことは、乗れない人たちは全て普通列車に乗り込んできます。
20分以上遅れなければいいのですが・・・


昨日、急に予定が空いてしまったのでアンコーナの街を散歩してきました。
少し変な天気で海からの霧が一日中消えなく、湿度がとても高く日が落ちるまで、いやな感じでした。



e0081119_1491383.jpg
写真:アンコーナのドゥオーモ(大聖堂)は、街の中心になく港を見下ろすような高い丘の上に建っています。
そのドゥオーモの前にある広場からは、港が良く見えます。
その丘から見た港です。
[PR]
by vagaoku | 2007-08-26 14:09 | viaggio/旅 | Comments(0)
2007年夏、イタリア滞在紀:その4

イタリア中央部のウンブリア州へ行ってきました。

e0081119_127655.jpg



ウンブリア州全てが山に囲まれているため、非常に乾燥しています。
イタリアの古い文化がそのまま残っているような地域もあります。

街はどこも小さく、一番大きい街でペルージャ(Perugia)です。
そのほかの街は、どこも小さい町です。


ウンブリア州に入るとタバコ畑を目にします。
ナス科の植物らしく葉っぱは大きく、夏ごろから花が咲き出し、全体が白く赤っぽく見える箇所もあるのが特徴です。

e0081119_384372.jpg
写真:ウンブリア州に広がるタバコ畑。


ウンブリアの布製品は非常に質が良いです。
特徴的な色は、赤、青、黄色です。

赤は赤ワインのような深い色です。
青は少しシルバーが買ったような、くすんでいるような感じがするが高級感のある色合いです。
黄色は、オレンジ近いような感じがするものもあります。

「蝉:セミ(cicala:チカラ)」は、ウンブリアの特徴的な模様で、様々な布製品で使われています。


e0081119_310133.jpg
写真:チッタ・ディ・カステッロの布製品屋さん。
ウンブリア州独特の黄色を並べたディスプレー。


CENTRO TELA
Via Marconi 3
Città di Castello
tel: 075-8555353
[PR]
by vagaoku | 2007-08-25 04:05 | viaggio/旅 | Comments(0)
2007年夏、イタリア滞在紀:その3
アンコーナに来てから携帯電話を買いました。

本当は、ローマについてすぐにSIMカード(携帯のデータカード)を買おうとしたけど、すぐに買える店が見つからず断念していました。

以前イタリアにいた時に使っていた自分の携帯電話は、本体は問題なさそうだったけどアダプターが壊れていて使用不能だったので、本体ごと買いました。

イタリアでは、ほとんどプリペード式での料金支払いなので、本体が非常に高いです。
それでも、以前に比べたらだいぶ安くなったと思います。

今回購入した携帯電話は、店においてあった物で2番目に安かった2005年ごろに発売したと思われる、モトローラ社製の物を購入しました。

充電をして、使ってみてビックリしました。

使いにくい。。。

そういえば、ずいぶん前に使っていたモトローラも使いにくかった。。。
それの数倍、使いにくいかもしれない。

メニューと言う物がなく、設定に「メッセージ(SMS)を書く」、「メッセージを読む」、「着信発信暦」、「目覚まし」、「アラーム」(なぜ、分けてあるのか?)、「日時の設定」だけ。

電話帳に登録するのも大変でした。
(取扱説明書を読まないで様々な物を扱うのに、それでもわからないくらい使い方が難解です)


ただ、見た目のインパクトは強くて、薄くてなんとなくいい感じです。

イタリアで電話をするだけなので、これで良いんです。

ただ、メッセージを書いたり、名前を登録するのに変にデザイン化された大文字しかなく読みづらく、全ての文章が横一列にしか表示されないので、非常に読みづらいです。


そんな携帯電話を約50ユーロ(約170円 x 50ユーロ=約8500円。2007年夏現在)で購入しました。
これでも、イタリアでは安いんです。


e0081119_1131764.jpg
写真:日本で使っている日立社製の携帯と今回購入したモトローラ社製の携帯。

e0081119_1134659.jpg
写真:機能が少ないのでとにかく薄いです。
[PR]
by vagaoku | 2007-08-14 01:22 | viaggio/旅 | Comments(0)
2007年夏、イタリア滞在紀:その2
現在、マルケ州アンコーナに滞在しています。

マルケ州内の移動は、交通機関が少なくとても困ります。


昨日、マチェラータと言う街へ行ってきました。


当初の予定では、
アンコーナ→チヴィタヌォーヴァ(40分待ちの乗り換え)→マチェラータと言う電車を考えていました。
どんなに朝早く出ても、チヴィタヌォーヴァ→マチェラータが11時台までなく、気長にいこうと考えていましたが、友達が車を出してくれたので助かりました。

途中、線路の工事をしているのを見て「今日は、走らないな・・・」など話しながらマチェラータへ向かいました。


で、今回はマチェラータの話ではなく、帰り道に見た風景です。

こういう景色を見ると「イタリアって良いな~」と思います。

e0081119_1635851.jpg
写真:Montelupone(モンテルポーネ)と言う小さな街周辺の風景です。
2007.08.03
[PR]
by vagaoku | 2007-08-04 16:16 | viaggio/旅 | Comments(0)