Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
イタリア語:ちょっと難しい発音 その1
発音:LとRの違い


普通なら「L」と「R」で悩むはずでが、簡単に言うと「R」は「巻き舌」です。

巻き舌が難しいかというとそうでもないと思います。

日本人どうしの会話の中で巻き舌を使っている人がかなり多いような気がします。
例えば、「さよなら」と発声すると日本人の中でも「ら」がイタリア語の「L派」と「R派」がいるように思います。
ただし、意識をして使い分けるとなるとそれなりの練習が必要になります。

イメージで言うと、
Lが舌足らず。
Rが巻き舌。

舌の動きで言うと、
Lは、舌の先を上の前歯の裏側にくっつけた感じ。
Rは、舌の先が歯の裏側ではなく、歯から離れたあたりをはじく感じ。

この違いだけで「L」と「R」の区別して発音することが出来るはずです。
male (マーレ)
mare (マーレ)

ただし、単語によって「L」が言いにくかったり、「R」が言いにくい場合もあります。
LoとRe続く場合、「L」と「R」の区別が難しい。
Loreto (ロレート)

RaとRoが単語の頭にくる場合、舌は「あ」と「お」を発音した時と同じ位置に落ち着く為、舌が下がり口腔内が広くなり「R」の発音が難しいので練習が必要です。
Ragazzo (ラガッツォ)
Roma (ローマ)



発音:LLとRRの場合

LLの場合:舌の先を上の前歯の裏側にくっつけて直に放さず保つ感じだが、日本語で表示するならば「gallo=ガッロ」となる。

RRの場合:巻き舌をより長い時間保ち、日本語で表示するならば「farro=ファッロ」となる。


イタリア人でも「子供の頃、Rの発音を練習した」と聞いたことがあります。
巻き舌ができない場合はやはり練習が必要です。
[PR]
by vagaoku | 2005-12-08 22:42 | italiano/イタリア語 | Comments(0)
イタリア語:基本発音 その3
発音:P~Y


P :ローマ字や日本語と同じ「ぱ行」の発音。
panna (パンナ)
piano (ピアーノ)
pomodoro (ポモドーロ)


Q :単独で「くー」と読むが、「Q」と「U」がほぼ一緒に使われ日本語でいうと「くぅ」という発音に近くなる。
questo (クゥエスト)
acqua (アックゥア)
quattoro (クゥアットロ)


R :日本語の(強く言う)「ら行」と発音。簡単に言うと巻き舌です。
詳しくは後ほど説明します。
rosso (ロッソ)
sopra (ソープラ)
burro (ブッロ)


S :ローマ字や日本語の「さ行」、「ざ行」、「しゃ行」などに近いが発音だが、基本的な発音が違い、単語によって読み方が変わるので、後ほど詳しく説明します。
sale (サーレ)
massimo (マッシモ)
chiesa (キエーザ)
strada (ストラーダ)
sbaglio (ズバーリィオ)
pesce (ペーシェ)


U :ローマ字や日本語と同じ「う段」だが、上唇を前にとんがらせた感じで日本語の「う」より強い息、響きを多く「う」と発音して発音します。
上唇の形は、口笛を吹く時と同じような感じです。
uno (ウーノ)
ultimo (ウルティモ)
umido (ウーミド)


V :ローマ字の「ヴぁ行」と同じ発音。
感覚でいうと、「ば」は唇で発音しているが「ヴぁ」は下唇と上の前歯で発音する感じ。
valle (ヴァッレ)
violino (ヴィオリーノ)
vento (ヴェント)


W :イタリア語に存在しなく、単独で「ドッピオ・ヴー」と発音するが、外国語の場合はそのとおりに読む。
Wagner
wagneriano (ワグネリアーノ)


X :イタリア語に存在しなく、単独で「イクス」と発音するが、外国語の場合はそのとおりに読む。
ただし、一部地域では使われることがある。
taxi = tassi (タッシ)
また、計算式で使うx(かける)を「ペル」という為、メッセージなどで略語を使うとき「X(イクス)」を使い「ペル」と読ます場合がある。
xché = perché (ペルケ)


Y :イタリア語に存在しなく、単独で「イプシロン」と発音するが、外国語の場合はそのとおりに読む。
yogurt (ヨーグルト)
yoga (ヨーガ)
yen (イェン)


Z :ローマ字や日本語と同じ「ざ行」や日本語には無い「つぁ行」だが場合によって違うので後で詳しく説明します。
zampa (ザンパ)
zucchero (ズッケロ)
canzone (カンツォーネ)
pizza (ピッツァ)
grazie (グラーツィエ)
zanzara (ザンザーラ)
[PR]
by vagaoku | 2005-12-01 18:49 | italiano/イタリア語 | Comments(0)