Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:musica/音楽( 189 )
クラシックの吹奏楽を楽しもう!
今回の演奏会も一般的な吹奏楽作品ではなく、作曲当時の演奏スタイルに近い形で演奏する曲があります。

前回の演奏会でも登場した非常に珍しい木管楽器のような金管楽器セルパンが、今回の演奏会では2本も登場します。
e0081119_17531976.jpg

e0081119_17543240.jpg


バロックトランペット、バロックトロンボーン、バロックティンパニも登場します。
e0081119_17553120.jpg

e0081119_17545149.jpg


さらに、オフィクレイド(Ophicleïde)と言う見たことの無い楽器まで登場します!

そんな吹奏楽の演奏会に興味を持った方は、ぜひ聴きに来てください!

東京ウインド・シンフォニカ 第2回演奏会の映像を貼ってあるので、そちらもお楽しみください!

e0081119_159568.jpg


東京ウインド・シンフォニカ 第3回演奏会
-吹奏楽にみるフランス音楽の系譜-

2014年4月10日(木)19:00開演 
小金井市民交流センター大ホール

>>プログラム<<

L.E. ジャルダン/山本訓久校訂:序曲 ハ長調 (1794) [原典版]
L.E Jadin / edited by N.Yamamoto : Ouverture en Ut (1794) [Urtext Version]

F.J. ゴセック/山本訓久校訂:葬送行進曲 (1790) [原典版]
F.J. Gossec / edited by N.Yamamoto : Marche Lugubre (1790) [Urtext Version]

尾高惇忠:アンリ・シャランの主題によるファンファーレ、フーガとコラール (2013)
A. Otaka : Fanfare, Fugue et Choral sur un theme d'Henry Challan (2013)

G. パレス/淀彰校訂:序曲「リシルド」 (1894)
G.Parès / edited by A. Yodo : Richilde Ouverture (1894)

N.D. ジョイオ:「ルーヴル」からの情景 (1966)
N. dello Joio : Scenes from "The Louver" (1966)

P.フォーシェ/M.エシュゴンセイラ校訂:交響曲 変ロ長調 (1926)
P. Fauchet / edited by M. Etchegoncelay : Symphonie en Sib pour Musique d'Harmonie (1926)


指揮:山本 訓久(TWS音楽監督)
東京ウインド・シンフォニカ

チケット 2500円

問い合わせ、取り扱い 東京ウインド・シンフォニカ
windsinfonica@excite.co.jp

チケット取扱い/㈱アクタス ブラスプロ、株式会社ダク、㈱ネロ楽器、小金井市民交流センター、下倉楽器お茶の水本店、下倉楽器八王子店、セントラル楽器、宮地楽器小金井店


協賛:株式会社ダク


=============================

東京ウインド・シンフォニカ 第2回演奏会より
TOKYO WIND SINFONICA 2nd Concert

F.ゴセック/山本訓久校訂:大序曲 ハ長調 (1794) [原典版]
F.Gossec / edited by N.Ymamamoto : La Grande Symphonie en Ut


F.メンデルスゾーン=バルトルディ/C.ホグウッド校訂:管楽器のためのノットゥルノ (1824)
F.Mendelssohn-Barholdy / edited by C.Hogwood : Nocturno for Winds



R.ヴァーグナー/山本訓久校訂:忠誠行進曲 WWV 97 (1864)
R.Wagner / edited by N.Yamamoto : Huldigungsmarsch WWV.97


N.ミャスコフスキー:交響曲第19番 変ホ長調 op.46 (1939)
N.Myaskovsky : Symphony No.19 in E flat major op.46

指揮:山本 訓久(TWS音楽監督)
東京ウインド・シンフォニカ








[PR]
by vagaoku | 2014-03-23 18:41 | musica/音楽 | Comments(0)
演奏会のお知らせ 東京ウインド・シンフォニカ 2014年4月10日
東京ウインド・シンフォニカ 第3回演奏会
-吹奏楽にみるフランス音楽の系譜-

2014年4月10日(木)19:00開演 
小金井市民交流センター大ホール


e0081119_13334037.jpg


>>プログラム<<

L.E. ジャルダン/山本訓久校訂:序曲 ハ長調 (1794) [原典版]
L.E Jadin / edited by N.Yamamoto : Ouverture en Ut (1794) [Urtext Version]

F.J. ゴセック/山本訓久校訂:葬送行進曲 (1790) [原典版]
F.J. Gossec / edited by N.Yamamoto : Marche Lugubre (1790) [Urtext Version]

尾高惇忠:アンリ・シャランの主題によるファンファーレ、フーガとコラール (2013)
A. Otaka : Fanfare, Fugue et Choral sur un theme d'Henry Challan (2013)

G. パレス/淀彰校訂:序曲「リシルド」 (1894)
G.Parès / edited by A. Yodo : Richilde Ouverture (1894)

N.D. ジョイオ:「ルーヴル」からの情景 (1966)
N. dello Joio : Scenes from "The Louver" (1966)

P.フォーシェ/M.エシュゴンセイラ校訂:交響曲 変ロ長調 (1926)
P. Fauchet / edited by M. Etchegoncelay : Symphonie en Sib pour Musique d'Harmonie (1926)


指揮:山本 訓久(TWS音楽監督)
東京ウインド・シンフォニカ

チケット 2500円

問い合わせ、取り扱い 東京ウインド・シンフォニカ
windsinfonica@excite.co.jp

チケット取扱い/㈱アクタス ブラスプロ、株式会社ダク、㈱ネロ楽器、小金井市民交流センター、下倉楽器お茶の水本店、下倉楽器八王子店、セントラル楽器、宮地楽器小金井店


協賛:株式会社ダク
[PR]
by vagaoku | 2014-03-17 13:34 | musica/音楽 | Comments(0)
ホテルで演奏
2014年1月31日にANAインターコンチネンタルホテル東京で演奏をしました。
楽しいチェロ奏者ととっても若くて面白いピアニストとまた演奏出来たらいいな。

e0081119_924411.jpg


e0081119_9265833.jpg


e0081119_9272894.jpg


e0081119_9274791.jpg


リハーサルでピアニストが撮ってくれました。
e0081119_9294049.jpg

e0081119_9301256.jpg

リハーサルは2014年1月28日
[PR]
by vagaoku | 2014-02-01 09:18 | musica/音楽 | Comments(0)
カクテル・ディヴェルティメント 福田洋介
去年の11月に初演をした、福田さんの「カクテル・ディヴェルティメント」の音源を福田さんのサイトで聴くことが出来ます。

Cocktail Divertimento / Yosuke Fukuda (2013)

演奏:シングルリード・アンサンブル「雷神"Rai-Sing"」

エス・クラリネット:松田康治 Koji Matsuda
ファースト・クラリネット:御村卓司 Takashi Mimura
セカンド・クラリネット:奥田英之 Hideyuki Okuda
バス・クラリネット:大藤豪一郎 Gouichiro Ootou
ソプラノ&アルト・サクソフォーン:國末貞仁 Sadahito Kunisue
アルト・サクソフォーン:中村匡児 Koji Nakamura
テナー・サクソフォーン:長谷川雄二 Yuji Hasegawa
バリトン・サクソフォーン:高橋賢 Satoru Takahashi
[PR]
by vagaoku | 2014-01-24 10:40 | musica/音楽 | Comments(0)
さよなら、クラウディオ・アッバード
Addio, Maestro Claudio Abbado...

La morte di Claudio Abbado
il post (solo italiano)

留学をしている時に、今のようにインターネットが普及していたら、もっとたくさん勉強が出来たのに。。。

クラウディオ・アッバード指揮によるヴェルディ作曲のレクイエム。
こんな素晴らしい映像も見ることが出来るなんて、素晴らしい時代だ!


Giuseppe Verdi Messa di Requiem
Claudio Abbado
Orchestra RAI, Roma 1970
Renata Scotto
Marilyn Horne
Luciano Pavarotti
Nicolaj Ghiaurov


たくさんの思い出。。。

イタリアのシエナにあるキジアナーナ音楽院でヴィオラのバシュメットの講習会があり申し込みをしようとしました。
受け付けてもらえなかったですが、事務のおばさまが宮殿内を案内してくれました。
楽屋から綺麗なサロンへ入る扉を開けるとき「アッバードもメーターもこの扉から出発したのよ」と話しながら僕を案内してくれました。

フィレンツェ五月音楽祭で「シモン・ボッカ・ネグラ」を見たのが初めてでした。

トリノで偶然手に入れたベルリンフィルの演奏会、マーラーを最前列で見ました。

去年4月にボローニャでオーボエのパオロ・グラーツィアと歩いているときに「今、アッバードとすれ違ったの分かったか?」と言われ、ニアミスしていたのに…

ジュリーニ、シノーポリ、アッバード…
イタリア人の巨匠がまた居なくなってしまいました。

ミラノ市にたくさんの街路樹が植えられたらスカラ座に戻る。という公約は叶えられなかったのかな?
[PR]
by vagaoku | 2014-01-20 21:03 | musica/音楽 | Comments(0)
ブラームス:クラリネット三重奏曲の謎へ
久しぶりにブラームスのクラリネット三重奏曲を演奏するかもしれないので、自分が演奏するために必要な知識として書いていきたいと思います。

ブラームス(1833.5.7 - 1897.4.3)は、亡くなるまでの数年間に4曲のクラリネットの作品を残
しました。
1890年(57歳)に弦楽五重奏曲第二番ト長調op.111を書き終え、次第に作曲意欲の衰えを感じるようになり、作曲家として断念しようと決心し遺書を書き、自分の作品を整理し始めました。

しかし、1891年3月頃にマイニンゲン宮廷オーケストラのクラリネット奏者リヒャルト・ミュールフェルト(1856-1907)との出会いにより創作意欲を取り戻しました。

1891年の夏には、クラリネット三重奏曲(クラリネット、チェロ、ピアノ)とクラリネット五重奏曲(クラリネット、2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ)を、あれほど遅筆で有名だったブラームスとは思えない速筆で一気に書き上げました。

創作意欲を無くし遺書まで書いたブラームスが一人のクラリネット奏者との出会いから、クラリネット三重奏曲(1891)、クラリネット五重奏曲(1891)、7つの幻想曲(ピアノ、1892)、3つの間奏曲(ピアノ、1892)、6つの小品(ピアノ1983)、4つの小品(ピアノ、1893)、クラリネット・ソナタ第1番(1894)、クラリネット・ソナタ第2番(1894)、4つの厳粛な歌(1896)、11のコラール前奏曲(オルガン、1896)とほぼ半分がクラリネットの為の作品に偏り、他の作品は小品が多かったです。

また、クラリネット・ソナタ第1番が完成した時には、ウィーンで公開リハーサルが行われ、ブラームスがピアノ奏者として人前で演奏した最後の曲となりました。

遺書を書いていたブラームスの創作意欲を開花させ、クラシック音楽の名曲を生み出させたクラリネット奏者ミュールフェルトの奏法とは、一体どんな物だったのでしょうか?


リヒャルト・ミュールフェルトは、当時ドイツで最高のオーケストラとされたマイニンゲン宮廷オーケストラのクラリネット奏者でした。

しかし、1891年3月頃、ブラームスはヨハヒムに連れていかれミュールフェルトの演奏会に行きました。
ミュールフェルによるモーツァルトのクラリネット五重奏曲、ウェーバーの協奏曲、シュポアの作品などを聴いたようです。
クラリネット作品に心を動かされたブラームスは、ミュールフェルトの為にクラリネット曲を書く約束をしました。

そのあと、ブラームスはクララ・シューマンにあてた手紙に
「彼ほど素晴らしい管楽器奏者は他にいない」
「クラリネットのナイチンゲール(鳥の名前)」
「わたしのプリマドンナ」などの言葉でミュールフェルトを称賛したそうです。


ミュールフェルトは、マイニンゲン宮廷オーケストラのクラリネット奏者でしたが、1885年にブラームスの交響曲第4番を初演して、もしミュールフェルトが首席クラリネット奏者だったら第2楽章のクラリネット・ソロ(A管で演奏をします)をすでに聴いているはずなのですが、その時には何も感じなかったのでしょうか?

ミュールフェルトの奏法について、少しだけ文献が残っているようです。

ミュールフェルトと共演したことのあるイギリスのヴィオラ奏者は
「チェロよりも幅の大きなヴィぶらーとをかけて演奏した」

評論家のハンスリックは
「音楽性は素晴らしい。しかし、ウィーンには彼ほどのクラリネット名手はたくさんいる」

その他にも「異質に感じた」などの言葉が残っているようです。


ミュールフェルトは、もともとマイニンゲン宮廷オーケストラのヴァイオリン奏者をしていました。
(コンサートマスターをしていたという期日も残っているそうです)
それを考えると現在のドイツ系のクラリネット奏者とは全く違う、弦楽器のようであり、声楽家のような奏法で演奏をしていたのかも知れません。

ミュールフェルトは、チェロ奏者のヨアヒムとロンドン公演も成功しています。
もしかすると、現在のイギリスのクラリネット奏法(ヴィブラートをかける)は、ミュールフェルトの名残なのかもしれません。

イギリス人クラリネット奏者Reginald Kell(レジナルド・ケル)によるブラームス:クラリネット三重奏曲



イタリアのクレーマと言う小さな街で演奏をしたことがあります。
必死に勉強をしたのも思い出のひとつです。

いつも練習をしたり演奏をする時に使うのはパート譜と言われる、自分のパートだけが書かれている楽譜です。
e0081119_17192660.jpg

久しぶりに演奏するかもしれないので、普段使っているパート譜では無くピアノ譜(スコア)で練習をしていました。

第1楽章の終わりから3小節目の最後の音に音間違いを発見しました。
e0081119_17193581.jpg


去年の11月にパリ管弦楽団のファゴット奏者ジョルジオ・マンドレージの通訳をしていた時に「出来るだけ作曲者の書いたオリジナルの楽譜を見て勉強をしてほしい」と生徒さんに言っているのを思い出しました。

偶然、ブラームス自身が書いたと思われるクラリネット三重奏曲のコピーを持っていたので、ブラームスの書いた本当を知りたくオリジナル楽譜で調べてみました。
e0081119_17194812.jpg

驚きました!!!
音間違いどころか、その音が無い!!

今、出版されている楽譜すべてとブラームスの書いたオリジナルの楽譜で4拍(1小節分)も違うなんて!!!

という事は、誰かがブラームスの書いた楽譜から4拍分足したようです。

いったい誰が書いたのでしょうか?

本当の経緯を知っている人がいたら教えてください!!
[PR]
by vagaoku | 2013-12-23 17:14 | musica/音楽 | Comments(0)
警視庁音楽隊 水曜コンサート
友達がソロを吹くので警視庁音楽隊 水曜コンサートへ行ってきました。

e0081119_10432012.jpg
e0081119_10442750.jpg
e0081119_10452568.jpg

[PR]
by vagaoku | 2013-12-17 10:45 | musica/音楽 | Comments(0)
ミラノ・スカラ座の友達に会いに行く
2013年9月にミラノ・スカラ座が来日しました。

ミラノ・スカラ座管弦楽団バス・クラリネット奏者ステーファノ・カルドは、僕と一緒にファブリーツィオ・メローニ(ミラノ・スカラ座管弦楽団首席クラリネット)に習っていました。

ミラノ・スカラ座管弦楽団首席フルート奏者のインタビュー、レッスンの通訳が急にキャンセルになってしまったので、ステーファノに会いに!

久しぶりの再会でした!
e0081119_10333174.jpg


e0081119_10361444.jpg
写真:首席オーボエ奏者とスカイツリーに

e0081119_10373667.jpg

e0081119_10464989.jpg
e0081119_10395010.jpg

[PR]
by vagaoku | 2013-12-17 10:40 | musica/音楽 | Comments(0)
母さんと先生の演奏会へ行く
2013年9月にミラノ・スカラ座が来日しました。

2013年9月8日、ミラノ・スカラ座管弦楽団首席クラリネット奏者ファブリーツィオ・メローニとミラノでお世話になっていたピアノの吉川さんの演奏会がイタリア文化会館でありました。

e0081119_10161854.jpg
e0081119_10181134.jpg


終演後、イタリア文化会館でのパーティ
e0081119_1022113.jpg

e0081119_10262289.jpg
e0081119_10271122.jpg
e0081119_1029277.jpg

[PR]
by vagaoku | 2013-12-17 10:30 | musica/音楽 | Comments(0)
母校でミラノ・スカラ座の先生に会う 
2013年9月にミラノ・スカラ座が来日しました。

2013年9月6日、ミラノ・スカラ座管弦楽団首席クラリネット奏者ファブリーツィオ・メローニが母校にやってきました!

e0081119_1085273.jpg
写真:大学生時代に勉強していた講堂に先生が座っているのはとっても不思議でした。

e0081119_107362.jpg
写真:こっそり撮っていたらばれました!笑
[PR]
by vagaoku | 2013-12-17 10:11 | musica/音楽 | Comments(0)