Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:giappone/日本の事( 83 )
副都心線、渋谷駅を大解剖!その1

2008年6月14日に東京メトロ副都心線が開通しました。

初日に乗る予定ではなかったのですが、新宿方向に用事があったので帰りに乗ってみました。

e0081119_22315984.jpg
写真:開業前に乗った10000系の車内。
2008年5月21日和光市駅にて


新宿三丁目駅から渋谷駅までのわずかな区間でしたが、いろいろ見てみました。

人が多かったので新宿三丁目駅は写真は撮りませんでした。
というより、あまり面白みが感じなかったからです。

「綺麗さ」とか「清潔さ」というのだけで、ちょっとつまらない感じでした。
ただ、駅のトイレはよかったです。


新しく出来た路線の割りには、非常に浅いところを走っているため、新宿三丁目駅は乗換えが楽に出来るのには驚かされます。

特にこの新宿三丁目駅は、東京メトロ丸の内線と都営新宿線のわずか6mほどの隙間に副都心線が走っているためです。

特に、都営新宿線とはわずか11cmしかないそうです。


e0081119_22322779.jpg
写真:副都心線、渋谷駅の特徴になっている大きな穴(吹き抜け)。


渋谷駅は、4年後に東急東横線と乗り入れするため「未完成」な部分があったり、他の駅と比べると「面白み」があちこちにありました。

東京メトロ、副都心線に乗り入れをしている東武や西武が渋谷駅に来ているのに、まだ乗り入れをしていない東急電鉄が駅を管理をしているという、少し不思議な状態も何か面白く感じてしまう。

渋谷駅は、安藤忠雄氏による設計で、細部までこだわっているため、つい写真を撮ってしまう。


e0081119_2236392.jpg
写真:渋谷駅のベンチ



ホームにあるベンチが面白い形をしています。
実は、このベンチにはある特殊な機能があります。

機械で換気をしない「自然換気システム(換気をちゃんとすれば良いだけなんですが、東京ではなかなか難しいようです)」やエアコンなどを使わないでホームの床下や天井に冷水を循環させ、あちこちから綺麗な空気を流れるようにした「放射冷房システム」なども使われているため、駅構内が地下鉄だとは思えないくらい空気が綺麗です。


上の写真のようにベンチの上に屋根が上がっているときは、この綺麗な空気が放出されています。

ベンチの上の屋根が降りているときは、その空気を感じることは出来ません。



e0081119_22325319.jpg
写真:渋谷駅の横浜方面(真ん中の2線)は、壁でふさがれている


渋谷駅は、2つの島式ホームで4線あるが、現在は外側の2線のみしか使用していなく、使用している線路には車止めがあるが、真ん中の2線路2つのホームをつなぐ渡り通路があり、いろいろな角度から見ることが出来る。

真ん中の2線は、4年後の東急電鉄乗り入れのときまで使われることが無いので、線路が壁に向かって寸断されている、不思議な風景を見ることが出来ます。



e0081119_22434811.jpg
写真:4年後には、この穴は下から見ることが出来なくなります。


真ん中の2線の上には、大きな穴があります。

これは、自然換気システムのための大切な穴(吹き抜け)です。


空気は、暖かい空気が上にたまり、冷たい空気は下にたまります。


ベンチからや大きな穴(吹き抜け)の下に開いた無数の穴から、冷たい綺麗な空気が絶え間なく流れているので、この大きな穴から暖かく汚い空気はすべて出て行きます。

このように「放射冷房システム」を実際見て楽しめます。


この大きな穴(吹き抜け)は、真ん中にある2線路の上にある渡り通路から見上げることが出来ますが、東急東横線が乗り入れる4年後には見ることの出来ない風景を今なら楽しめます。


-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-


開業初日から非常に電車が遅れていました。
「混雑のため」と書いてあったのですが、ほとんどが「ホームドアから乗り出して地下鉄を撮影する人たちのおかげ」で、遅れが生じたのだと思います。

先日書いたブログのようにすれば、よかったのでは???
と思ってしまいました。

どうして、低い中途半端なホームドアにしたのでしょうか?

南北線のようなホームドアにすれば良かったのに・・・
[PR]
by vagaoku | 2008-06-14 22:53 | giappone/日本の事 | Comments(0)
東京メトロ副都心線


東京メトロ副都心線が2008年6月14日に開通します。

今まで、東京メトロで移動が最もしにくかった池袋・新宿⇔渋谷が、副都心線のおかげで楽になります。


「副都心線」の路線名が決まっていない頃は、「13号線」といわれていました。

東京都内を走っている地下鉄すべてに数字がついています。
これは、路線の認可された順番で東京メトロと都営地下鉄の通し番号なので、東京メトロだけ並べると欠番があります。
(認可された時期と工事開始時期はずれています)



・開業した順番で並べてみると・・・

3号線
銀座線 浅草駅 - 渋谷駅 14.3km

4号線
丸ノ内線 本線:池袋駅 - 荻窪駅 24.2km、
分岐線:中野坂上駅 - 方南町駅 3.2km

2号線
日比谷線 北千住駅 - 中目黒駅 20.3km

5号線
東西線 中野駅 - 西船橋駅 30.8km

9号線
千代田線 本線:綾瀬駅 - 代々木上原駅 21.9km、
支線:綾瀬駅 - 北綾瀬駅 2.1km

8号線
有楽町線 和光市駅 - 小竹向原駅 - 新木場駅 28.3km

11号線
半蔵門線 渋谷駅 - 押上駅 16.8km

7号線
南北線 目黒駅 - 赤羽岩淵駅 21.3km

13号線
有楽町線新線 和光市駅 - 小竹向原駅、
副都心線 池袋駅 - 渋谷駅 20.2km


このように並べてみると、開業した順番と認可された順番は、まったく違うので面白いですね。



さて、東京メトロ副都心線ですが、東京メトロでは珍しい、地下路線内の急行運転が特徴になっています。
これは、副都心線の(池袋⇔渋谷)開業区間と同じ区間を走っているJR埼京線に対抗しているのかもしれません。

たいした距離では無いので、必要無いと思いますが。。。



副都心線と有楽町線は、和光市駅⇔小竹向原駅が同じ路線なので、東京メトロ内で2種類の車両が走る珍しい路線になっています。



駅構内は、開放感のあるつくりが特徴です。
少し、横浜のみなとみらい線に似ているかもしれません。

新宿三丁目駅は、全体に白い壁が特徴です。
少しでも広く見せようという感じですが・・・殺風景な感じもします。


e0081119_19172214.jpg
写真:開放感のある、パリの地下鉄14号線


ホームは、丸ノ内線などに採用されている背の低いタイプのホームドアがになっています。
1991年に開業した東京メトロ南北線の天井までのガラス張りで仕切られているホームドアが、好きです。

予算的な問題なのか工事のしやすさなのか、新しい路線なのに南北線タイプ出なかったのは残念です。
見た目のデザインなどが悪すぎます。
せめて、パリの地下鉄14号線のようだったら・・・

南北線タイプは、入線時のホームの風が極めて少なく、ホームなどの明るさがよかったのですが・・・

e0081119_1911919.jpg
写真:パリの地下鉄14号線のホームドア



明日、開通をするのにデパートなど変な盛り上がりをしていますが、今後、頻繁に使用する路線になりそうです。



写真:2004年6月3日、パリ
[PR]
by vagaoku | 2008-06-13 19:37 | giappone/日本の事 | Comments(0)
ゆりかもめでお台場へ

オテロ祝祭管弦楽団のリハーサルは、台場区民センターで行われました。

普段あまりいくことが少ない、東京都のお台場。

東京の風景でも好きな場所です。


e0081119_13421892.jpg
写真:リハーサル終了後のお台場の夜景


中学生の頃は、お台場に何も無く、品川駅から都バスに乗り首都高速湾岸線を越えていく方法しかありませんでした。

現在は、東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)、臨海副都心線(りんかい線)、水上バス、都バス、徒歩など様々な方法があります。

その中でも、新橋から出ている「東京臨海新交通臨海線」(ゆりかもめ)は楽しいです。

e0081119_13264320.jpg
写真:ゆりかもめの車内


東京臨海新交通臨海線は、通称「ゆりかもめ」と言われる新交通システムの乗り物で、モノレールに近いゴムタイヤで走行をしています。
レールと呼べる物は無く、軌条脇にあるガイドによって走行しています。
また、無人運転をしているので先頭車両に仮運転台しかなく、一般の乗客も運転手気分を味わえます。

2008年3月31日に開業した「舎人ライナー(都営)」もほぼ同じです。


e0081119_13413626.jpg
写真:新橋から「ゆりかもめ」に乗ってお台場へ。


先頭車両の一番前からの風景は、開放感がありとても楽しいです。

東京を少し高い位置から眺めるのは、普段乗っている鉄道とは違う感覚です。

ビルの合間を抜けていくと、東京湾が見えてきます。


e0081119_13415138.jpg
写真:日の出桟橋付近からの景色。
※先頭車両から撮影しているので、窓ガラスの汚れも写っています。


日の出桟橋辺りからの風景は、視界をさえぎる建物がなくなるので、とても綺麗です。

隅田川河口付近から東京湾が広がる辺りを見る事ができます。
お台場方向を見るとレインボー・ブリッジが見えます。

「ゆりかもめ」は、芝浦ふ頭駅を過ぎるとレインボー・ブリッジを渡ります。


e0081119_13244979.jpg
写真:レインボー・ブリッジへ


オープン・ループ線のようにぐるっと回り高さをかせぎ、一般道の中央(首都高速は、上にある)を「ゆりかもめ」が走ります。

海面から高さ52m上空からの景色はなんとも言えないが、先頭車両から見るとレール(タイヤのガード)の隙間からはるか下の海面を見る事もできます。

レインボー・ブリッジを超えると、すぐにお台場に入ります。。。




オテロ祝祭管弦楽団のリハーサルは、台場区民センターで行われました。

休憩中に軽食を買って、クラリネットのグループで人工のお台場海浜公園へ。。。

東京湾越しに沈んでいく夕焼けを見ながら食事をしました。

リハーサルの合間に、すばらしい東京の風景を見れたように感じました。

e0081119_1342617.jpg
写真:リハーサルの合間の休憩で見た夕焼け。
[PR]
by vagaoku | 2008-05-28 22:42 | giappone/日本の事 | Comments(0)