Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:fiore/花( 11 )
秋忘れ
紅葉を楽しむ時間が無かったな・・・


e0081119_9452830.jpg
写真:2013年11月13日習志野市
[PR]
by vagaoku | 2013-12-17 09:45 | fiore/花 | Comments(0)
ミモザの花
毎年、1月の終わりから2月にかけて咲くイメージのあるミモザですが、今年の大雪と寒さの影響が出ているようです。
すでに咲き終わってしまったミモザもあったようですが、大雪で押しつぶされ倒れてしまった木も多く見かけました。
e0081119_901120.jpg

普段は上に向かって咲き乱れるミモザが雪の重さから開放されやっと花を咲かせました。

ミモザは美しい黄色い花が特徴ですが、咲き出してから雪が降ってしまったようで、あまり鮮やかな黄色ではないです。
e0081119_8591095.jpg

3月8日は「Festa della donna(フェスタ・デッラ・ドンナ:国際女性デー)」で、イタリアではミモザの花を贈る習慣があります。
祭日ではないのですが重要な日です。

以前書いた「3月8日は国際女性デーです」へ
e0081119_8593893.jpg

[PR]
by vagaoku | 2012-03-07 02:57 | fiore/花 | Comments(2)
ミラノで花見。。。その2
イタリアでも日本らしい「春」を感じられる瞬間があります。
e0081119_12162781.jpg

桜の花は、「バラ科サクラ属」です。

サクラ属には、サクラ、モモ、アーモンド、スモモ、アンズ、プラムなど全て同じ種類です。
e0081119_12153476.jpg

これらの花は、非常に似ていて区別をつけるのは難しいです。
e0081119_12155512.jpg

でも、それさえ考えなければ素直に「春」を感じられます。
[PR]
by vagaoku | 2010-03-27 02:49 | fiore/花 | Comments(0)
ミラノで花見。。。その1
春になり、街中を散歩する楽しみが増えます。

ミラノの街路樹に気になる花が咲いていました。
e0081119_11243825.jpg

たくさん、花の咲いた街路樹に近づいて見ると・・・
e0081119_1125360.jpg
桜にそっくりです。
イタリアでは、このような花を沢山見る事ができます。

花だけを見て、何の種類かを判断するのは難しいです。。。
e0081119_11253169.jpg


イタリアにいて「春」を感じられる花です。
[PR]
by vagaoku | 2010-03-23 12:14 | fiore/花 | Comments(0)
花。。。その6
シエナの近くにある「サン・ガルガーノ」と言う場所。。。

以前、「2007年夏、イタリア滞在紀:その8」で紹介をした場所です。

この場所は、イタリアの中で最も好きな場所かもしれません。

周りに街は無く、ただ静かに時間だけが過ぎていく場所です。

初めて行った2000年4月8日は、カモミール(camomilla:カモミッラ)が地面一面に咲き乱れている時でした。


e0081119_4111253.jpg


e0081119_410418.jpg


e0081119_411316.jpg


僕にとっては、思い出の場所のひとつです。。。

tutte le foto sono san galgano - siena 08.04.2000


すべての写真は、スキャナーからの出力です。
[PR]
by vagaoku | 2010-03-22 04:12 | fiore/花 | Comments(0)
花。。。その5
passiflora パッシフローラ

日本でもよく見かけるようになってきた「トケイソウ」の花。

最近、この花の果実がパッションフルーツになることを知りました。


以前は、パッションフルーツは「グラナディラ」というクラリネットなどの木管楽器で使われる「グラナディラ」から出来ると思っていました。


調べたら、クラリネットなどの木管楽器に使われる「グラナディラ:grenadilla」と言う黒い木は「マメ科」に属し、トケイソウ=パッションフルーツの「グラナディラ:granadilla(微妙にスペルも違った)」は「トケイソウ科」となるらしい・・・

ただ、両方とも英語の方言で「グラナディラ」と言うらしく、どこで使われる言葉なのか調べたのですがよくわかりません。

さらに調べていたら「グラナディラ」と「黒檀」とも違うらしく、、、
黒檀は「カキノキ科」に属すらしい。。。

e0081119_9445038.jpg
写真:ウンブリア州チッタ・ディ・カステッロにて


日本では、時計に似ているので「トケイソウ」と言う名前だが、イタリア語の「passiflora:パッシフローラ」の名前の由来は、、、
1610年に原産地に派遣されたスエズス会の宣教師たちがこの花をかつて「アッシジの聖フランチェスコ(francesco d'Assisi)」が夢に見たと言う「十字架上の花」だと思い、「fiore della passione:フィオーレ・デッラ・パッシオーネ(フィオーレ:花。パッシオーネ:キリストの受難)」と言う由来から、1753年にスウェーデンの植物学者カル・フォン・リンネが名前を付けたようです。

英名はPassion Flower(パッション・フラワー)と呼ばれ、その花から出来る果物なので「パッション・フルーツ」になったようです。
[PR]
by vagaoku | 2009-05-26 08:41 | fiore/花 | Comments(0)
花。。。その4

夕方、散歩をしていたときに見かけた、枯れてしまったアザミ(carciofo:カルチォーフォ)・・・

真夏の暑さの中で力強さを感じられる風景だった。




e0081119_9401777.jpg



2007年8月25日 アンコーナ
[PR]
by vagaoku | 2008-09-13 22:43 | fiore/花 | Comments(0)
花。。。その3

マルケ州アンコーナの高台にある公園で見かけた小さな花。

地面にほとんどねっころがった状態で写真を撮っていました。

それほど、小さな植物でした。



e0081119_9392258.jpg




2007年8月15日
アンコーナ
[PR]
by vagaoku | 2007-12-30 12:54 | fiore/花 | Comments(0)
花。。。その2

papavero (パパーヴェロ) : ケシ、ヒナゲシ


春の興奮が少し落ち着いた4~5月頃、ケシの赤い花がいっせいに咲き出し、一面真っ赤な風景を見かけます。



夏に見かけた、季節はずれのケシの花。。。

強い夏の日差しによって、ケシの花びらから赤い色素が抜けってしまったが、夏の乾いた大地の色と色素が抜けてしまった花びら、、、


色彩で感じた夏のイタリアでした。



e0081119_9383028.jpg



2007年8月25日 アンコーナ
[PR]
by vagaoku | 2007-12-02 09:39 | fiore/花 | Comments(0)
花。。。その1

花が大好きです。


秋のこの時期、日本の街中にはキンモクセイ(金木犀)の香りで包まれています。
小学生の頃からこの香りが好きです。

家の近所には、ギンモクセイ(銀木犀)と言う白い小さい花をつけ、キンモクセイより花が少なく上品な香りの木がありました。

中国原産のキンモクセイとギンモクセイは、イタリアではあまり見かけませんでした。
それでも、ミラノでバスやトラム(路面電車)を停留場で待っている時に、ほのかにキンモクセイの香りが漂ってきたことがありました。
あちこち見回したけど、キンモクセイの木を探すことは出来ませんでした。


高校生の頃、「クレヨン社」と言うバンド(?)の2枚目のアルバム「地球のうた」に収録されていた「金木犀」と言う短い曲をよく聴いていました。
~悲しいまでに香るから~と言う、歌詞を思い出します。
クレヨン社のホームページ



e0081119_12433320.jpg
写真:キンモクセイと関係ないですが、イタリアで見かけた小さな青い花です。
おそらく「忘れな草」だと思います。
[PR]
by vagaoku | 2007-10-11 20:55 | fiore/花 | Comments(0)