Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:italia/イタリア( 166 )
マチェラータの人々
マチェラータに住んでいる画家の友達にマチェラータに住んでいる人たちを紹介してくれました。

油絵や作品を見せてくれ、とっても美味しい野菜のパスタを作ってくれたマルコ君、ありがとう。

才能あふれる切り絵の絵本やたくさんの作品を見せてくれ、夜遅くにパイ包みやタルトを作ってくれたとってもやさしくしっかり物のルイージァちゃん、ありがとう。

いつも笑顔で仲間を支えている、舞台美術をがんばっているアンドレア君、ありがとう。

誰よりも芸術家で色々心配なところもあるけど、たくさん話をしてくれた、とっても目の綺麗なリッカルド君、ありがとう。

とってもかわいらしい洋服や雑貨を綺麗なお店に並べて、イタリア語があまり出来ない僕にインターネットでの販売を相談してくれた、とってもやさしいエレーナさんとカルロさん、ありがとう。

可愛い小さな犬と一緒に古書の販売をしているひげの似合うダンニさん、ありがとう。

とっても不思議な雰囲気と何ともいえない暖かい雰囲気にいつも包まれている舞台演出などのエンリコ先生、ありがとう。

面白い発想でたくさんのすばらしい生徒を育てている芸術のシィヴィッターロ先生、ありがとう。

多くの人たちとつなげてくれた画家のひさこさん、ありがとう。

そのほかにもたくさんの人たちにありがとう。
e0081119_18184417.jpg

才能あふれるルイージャちゃんが今週から始まるボローニャの絵本の見本市に出品します。
とってもすばらしい大人も楽しめるすばらしいデザインの切り絵の本や子供も大人も楽しめるたくさんの細工が隠れている切り絵の絵本やたくさんの作品を出展すると思います。

もし、ボローニャの絵本の見本市に行かれる日本の多くの出版社の皆様、
会場でルイージャちゃんを見かけたら、ぜひ彼女の才能あふれるすばらしい作品を手にとって開いてください。
きっとすばらしい彼女の世界を見ることが出来ると思います。
[PR]
by vagaoku | 2012-03-19 06:29 | italia/イタリア | Comments(0)
散歩道
一応、車の国際免許書を持ってきたが、この街にはレンタカー屋さんが無い。

どこへ行くのもバスだけ。(日曜日はバスが無い)

友達から自転車を借りようとしたが、田舎道を下っていくと、帰りはかなりきつい坂が永遠と続くので悩んだ。

時間があるときは歩く事にした。

何の当ても無く、ただ知らない道を歩く。
e0081119_3255864.jpg
車のたくさん走る道から砂利道の道路を歩く。
こんな道でも主要道路の時があり、全速力で走り抜ける車があるので気が抜けない。

e0081119_3262846.jpg
何時間も歩き、どこへ行くか分からない道をさらにある続ける。

e0081119_21141547.jpg
1軒の農家だけに通じる道もあり、そのときは謝って来た道を戻る。

e0081119_3264983.jpg
何も無い散歩道だけど、その先に見える景色が楽しみだ。

e0081119_3271370.jpg
僕もこんな感じで歩いているんだろうな。
常に車に気をつけて歩き、ずっと続く坂を上り小さな街へ戻る。
[PR]
by vagaoku | 2012-03-19 02:44 | italia/イタリア | Comments(0)
1ヶ月遅れの謝肉祭
土曜日にマチェラータへ来たが日曜日に小さな街へ帰るバスが無く、友達の家のソファーで一晩過ごした。

土曜日の夜、ルームシェアをしているイタリア人の二人に料理をご馳走になった。
二人は南イタリアのアブルッツォ州出身だ。

ズッキーニ、グリンピース、ニンジンなどの入ったシンプルなパスタ、ズッキーニ、ハム、チーズを包んだパイ、おばあちゃん秘伝のレシピで作ってくれたリコッタチーズとチョコレートのタルト、どれもすばらしく美味しく、二人の優しさが心から伝わって来る料理でした。

日曜日は昼前から1人で行動をしました。

今年の冬は、マチェラータを含むアドリア海側の地域で大量の雪が降った。
マチェラータの公園近くにあるバールの名物おじさんが「1900年代のこの古い写真のときよりも多くて、今年は2m以上も積もっていたんだ」など古い写真を見せながら説明をしてくれた。

最高気温が20度を超す日が続いている1ヶ月前の話なのに・・・

大雪だった頃に謝肉祭(カルネヴァーレ:カーニヴァル)がありました。
謝肉祭は、キリスト教の行事の一つです。

普通ならカレンダーが過ぎたら終わりますが、大雪でできなかった謝肉祭を日曜日(3月11日)にやることになった。

昼食後にちょっと見に行ったが・・・
e0081119_17502715.jpg
大きなトラクターに引かれた山車が・・・

e0081119_1751046.jpg
イタリアは本来こういう感じではないと思うのだけど・・・

e0081119_17512567.jpg
公園にマチェラータの住人がみんなそろったような、たくさんの人。

e0081119_17515915.jpg
がんばっている感じはあるが・・・

e0081119_17524986.jpg
何だか分からない状態になっている。

e0081119_17531110.jpg
こういう格好をするとイタリア人はとたんに似合わなくなる。

e0081119_17533439.jpg
スピーカーからの大音量や悪乗りを見ていられないよね。

e0081119_17555239.jpg
楽隊もいくつか出ていたけど、他の団体のスピーカーからの大音量にほぼ消されていてかわいそうだった。

e0081119_1755577.jpg
カーニヴァルの残骸が道に降り積もっていました。

もっと静かな謝肉祭のほうがイタリアにあっていると思う。
[PR]
by vagaoku | 2012-03-17 19:00 | italia/イタリア | Comments(0)
マチェラータの風景
土曜日にバスに乗り、小さな丘が連なる農地を超え、いくつかの小さな街や工場を超えて、丘の上にあるマチェラータの街に着いた。

e0081119_18123867.jpg

昔、マチェラータに一度来たときは「丘の上にある小さな古い街だ」と思ったのに、今住んでいる街が小さいからかマチェラータの街がとても大きく感じた。

e0081119_18131862.jpg

マチェラータのバス・ターミナルは学校帰りの高校生でいっぱいだった。
日本の動物園よりうるさいあのものすごくうるさい空間は、ものすごく久しぶりだった。


その中で、マチェラータに住んでいる画家の友達と待ち合わせをしていた。

e0081119_18134488.jpg

無事に再会をし、日本から頼まれていた荷物や彼女の両親から頼まれていたものなどを持って、彼女の住む家へ向かった。

彼女の家は、街の中心街近くのとても古い家(イタリアの古い街の多くは築300~600年くらいの家が多い)に2人のイタリア人画家と切り絵絵本作家と共同で暮らしている。
家の中すべてが工房のようで、みんなの作り途中の作品や画材や色んな物が所狭しと置いてある、とても面白い空間だった。

e0081119_18144728.jpg
写真:旧市街の先には新市街が続いている。

それから、街の中を案内してもらい、街中を歩き回った。
e0081119_18151710.jpg
写真:旧市街を囲むように一方通行の道があり、見晴らしの良い場所もある。
マチェラータ近くに巡業できていたロイヤル・サーカスが宣伝をしていた。
[PR]
by vagaoku | 2012-03-14 21:31 | italia/イタリア | Comments(2)
マチェラータへ
日本人の友達に頼まれていた荷物を持ってマチェラータへ行きました。

先月、2m以上雪が積もった街にも、少し遅い春が訪れ始めていました。
e0081119_17433439.jpg
写真:旧市街が見える公園にアーモンドの花が咲き始めていました。
[PR]
by vagaoku | 2012-03-13 17:46 | italia/イタリア | Comments(0)
窓からの景色
部屋の窓からの景色がとても良くて気持ちが良いです。
e0081119_194342.jpg


楽器も撮影してみたり・・・
e0081119_1973694.jpg

[PR]
by vagaoku | 2012-03-10 19:07 | italia/イタリア | Comments(0)
知らない街へ
現在、イタリア中部のアドリア海が見える小さな街に住んでいます。
標高約300mの丘の上に建つ小さな街。
1時間もあれば街のすべての道を歩く事が出来ると思うくらい小さな街。
e0081119_1653065.jpg

街中は一方通行の大通りが1本通るだけ。
街のほぼすべての店はこの道にある。
e0081119_16533992.jpg

車が通れる道は少なく、ほとんどは歩行者専用の細い道だけ。
e0081119_16541825.jpg

車が通れる道も大通り以外は非常に細い。
e0081119_16582946.jpg

車が駐車できる道もあるが通り抜けるのはぎりぎりです。。。
e0081119_16552618.jpg

東京の路地のように軒先に植物を置く家も多く、時にはこのようにガラス製の植物が置いてある道もあります。
e0081119_16555813.jpg

[PR]
by vagaoku | 2012-03-10 07:24 | italia/イタリア | Comments(0)
真っ赤な満月
アドリア海から少しつぶれたような真っ赤な満月が現れた。

多くのイタリア人も振り返るほど赤く薄暗い満月だった。
e0081119_5544638.jpg

月は思い出したように明るさを増して、空高くに上がっていった。
e0081119_555970.jpg


天気の良い日はアドリア海の水平線が丘の上に見ることが出来る。
e0081119_20301100.jpg
写真:月が上がってきた場所とほぼ同じ所の風景
[PR]
by vagaoku | 2012-03-09 06:20 | italia/イタリア | Comments(0)
春の足音
少し暖かくなってきたら、花粉のおかげで鼻と目が激しく反応しています。

広葉樹はまだ葉が出てきていないのに。
e0081119_21285.jpg


桜の花やアーモンドの花が咲き出して来ています。

この街に春がもうすぐでやって来そうです。
e0081119_17402.jpg

[PR]
by vagaoku | 2012-03-06 02:13 | italia/イタリア | Comments(0)
夜の魔法
南イタリアにあるアルベロベッロと言う小さな街。

トゥルッリと言うとんがり屋根の小さな家が立ち並ぶ。

2月のある寒い日の夜。

雪が止み、強く冷たい風が雲を吹き飛ばした。

e0081119_656293.jpg


雲の隙間から誰もいない街に月が顔を出した。

e0081119_6543921.jpg


冷たい風が濡れた細い道を通り抜ける。

e0081119_6552523.jpg


月と星も静かな街の一部のように輝いていた。

e0081119_6565083.jpg

[PR]
by vagaoku | 2012-03-05 16:49 | italia/イタリア | Comments(0)