Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:cielo/イタリアの空( 22 )
ある日の空 - 10
この冬のヨーロッパは、非常に寒く多くの地域で雪が降って大変らしい。

イタリアの冬は、ミラノやヴェネツィアなどの北イタリアの多くの地域は、雲や霧に覆われ暗く寒い日が続きます。
イタリア中部から南の多くの地域は、天気の良い日が続きます。

関東の乾燥した良い天気の日に空を見ていると、アンコーナで見た空をいつも思い出します。

e0081119_10491391.jpg


2004年1月31日 アンコーナ近郊
ancona 31.01.2004
[PR]
by vagaoku | 2011-01-04 13:05 | cielo/イタリアの空 | Comments(0)
ある日の空 - 9
rondine ロンディーネ


夕方、たくさんのツバメが飛び回る。

目の前をものすごい速さで飛び去っていく。。。


e0081119_104216.jpg


2004年6月9日 アンコーナ
09.06.2004 Ancona
[PR]
by vagaoku | 2010-11-09 08:58 | cielo/イタリアの空 | Comments(1)
ある日の空 - 8
見慣れない雲が空一面を覆った。

このような雲が現れる時は、季節が変わる合図です。

暑いイタリアの夏が終わり、秋が近づいてきているようだ・・・


e0081119_2252124.jpg



2007年9月24日 アンコーナ
24.09.2007 Ancona
[PR]
by vagaoku | 2010-03-28 11:54 | cielo/イタリアの空 | Comments(0)
ある日の空 - 7
突然、圧力の強い空気が流れてきた。

遠くの家の窓が次々「バタン!」「バタン!」と閉まっていく。
慌てて自分の部屋の窓を閉め、外を見ていたら嵐がやってきた。

辺りは暗くなり、シャワーを出したような大雨、空気は一瞬にして冷たくなった。

雨が入り込まない窓を開け、外の様子を見続け、ゆっくり時間を過ごす。

e0081119_10394117.jpg

真っ暗な雲の隙間から日差しが降りてきた。
急速に天候が回復してきた。。。

日差しが広がり、雨で濡れた街が輝いた。


2004年6月20日 アンコーナ
20.06.2004 Ancona
[PR]
by vagaoku | 2010-03-24 05:26 | cielo/イタリアの空 | Comments(0)
ある日の空 - 6
フィレンツェの朝は、夏だとは思えない涼しい風を感じ、鳥達の鳴き声とともに太陽が昇ってくる。

フィレンツェは、川が街中を流れているため比較的湿度が多い盆地。
朝の涼しい風を感じる日は、少しだけ湿度が低く空が澄んでいるように見える。



e0081119_15175234.jpg



2007年8月27日 フィレンツェ
27.08.2007 Firenze
[PR]
by vagaoku | 2010-03-21 10:36 | cielo/イタリアの空 | Comments(0)
デジカメで星を撮ってみる その1
空が晴れている日に星空を見るのはとても気持ちが良いです。


自分の見ているような星空を残すことが出来ないのか・・・


デジカメで撮影が出来ないか試してみました。

現在使っているPanasonic Lumix LX2は、シャッター速度を60秒までマニュアルで設定することが出来るので、いろいろなシャッター速度で試してみました。

以前、月を撮影した時は、シャッター速度を速めにしてクレーターが写るように撮影をしました。
星はシャッター速度を遅めにしないと写らないかと・・・考える・・・


isoを出来るだけ下げて・・・
シャッター速度を下げて・・・
デジカメを三脚にセットして・・・


e0081119_1572666.jpg



予想以上に綺麗に撮影が出来ました。

もう一度同じように撮影を・・・

e0081119_1574130.jpg



自分では見えない星まで写っていたけど、やっぱり地球の自転が早くて星が流れてしまいました。

しかも、ディスプレーで撮影位置を設定したくても暗すぎて、感覚で設定するしかありませんでした。

ちゃんと、テープなどで撮影位置を付けておけば良いのですが、部屋の窓枠から撮影していたので・・・
よく見ると、窓のサッシまで入っている。


最後にギリギリまでシャッター速度を速めてみると・・・


e0081119_157577.jpg


自分の見た星空みたいに撮影が出来ました。

でも、満天の星空と言う感じでは無い、ちょっと寂しい感じになってしまったかも・・・


iso設定を上げれば、もっとたくさんの星が撮影できたかもしれないのですが、どうしてもノイズが気になるのでこれが限界かと・・・


空気の綺麗な場所へまた行きたいな・・・・


2007年9月22日 アンコーナ 午前6時ごろ
22.09.2007 Ancona am6
[PR]
by vagaoku | 2010-03-15 21:08 | cielo/イタリアの空 | Comments(0)
ある日の空 - 5

フィレンツェの夕焼け


イタリアは空気が乾燥しているため、綺麗な夕焼けを見れる機会が少ないです。


綺麗な夕焼けを見れる可能性がある気象条件(地中海性気候で)は、
・空の全てが雲に覆われていない。 (曇り空では見ることが出来ない)
・雲が薄い。 (薄い雲の場合は、太陽が見える可能性が多い)
・午後から飛行機雲が30分以上消えない。 (湿度が高くなってきている)
・天気が変わり始めるか太陽の沈む方向の地域の天気がすでに悪い。

このような気象条件のときは、夕焼けが綺麗になる可能性が高いです。


街全体が望めるような場所がある、フィレンツェは大好きです。




e0081119_2211619.jpg





2007年8月30日 フィレンツェ
30.08.2007 Firenze

使用カメラ:Panasonic Lumix LX2
[PR]
by vagaoku | 2007-10-10 23:05 | cielo/イタリアの空 | Comments(0)
月との対話

僕はよく月と目が合います。

普通に考えるとへんな言葉ですが、ふと空を見ると月が空にあることが多いです。

もちろん、月が空にあるときですが。


夕方、細くやっと見えるような月。
昼、晴れた空に雲のようにうっすら見える大きな月。
夜、力強く、時には麗しく輝く月。
地面に吸い込まれそうな月。


どの月も好きです。



マルケ州アンコーナに住んでいたころ、僕のいた部屋からは沢山の月を見ることが出来ました。

ベットでねっころがっていても月の光が自分を照らす不思議な部屋でした。

部屋の窓からは、山に沈んでいく月を良く見ました。

大好きな部屋でした。



e0081119_11311992.jpg
写真:2007年7月29日 23時 セルモネータのカエターニ城から
Sermoneta 29.07.2007 23ore
Panasonic Lumix FZ10


e0081119_11484714.jpg
写真:2007年8月4日 23時半 アンコーナ
Ancona 04.08.2007 23ore mezza
Panasonic Lumix LX2


e0081119_11521898.jpg
写真:2007年8月26日 3時 アンコーナ
Ancona 26.08.2007 3ore
Panasonic Lumix LX2


e0081119_11544161.jpg
写真:2007年8月26日 20時 フィレンツェ
Firenze 26.08.2007 20ore
Panasonic Lumix LX2


e0081119_1242746.jpg
写真:2007年9月21日 0時40分 アンコーナ
Ancona 21.08.2007 0:40
Panasonic Lumix LX2
[PR]
by vagaoku | 2007-10-06 21:42 | cielo/イタリアの空 | Comments(0)
ある日の空 - 4



e0081119_11573676.jpg










21.01.04
Ancona

2004年1月21日
アンコーナ

- Panasonic LC43






空を眺めていることが好きです。

流れていく雲を見ているのが好きです。

形の変わっていく雲を見ているのが好きです。





自然な流れがいとおしく思います。
[PR]
by vagaoku | 2007-09-30 22:12 | cielo/イタリアの空 | Comments(0)
ある日の空 - 3



e0081119_0321916.jpg



23.06.04 Ancona
2004年6月23日 アンコーナ
- Panasonic LC43






東京辺りでは、昔見たような真っ赤な夕焼けを見ることが少なくなりました。

夕焼けは、日本列島の西側に海があり、その海からの水蒸気によって日本列島では独特の真っ赤な夕焼けが見ることが出来ます。
東京あたりが夕焼けになるころ、太陽はインドのあたりを照らしているようです。

イタリアは地中海性気候のため非常に乾燥しています。
そのため日本のような夕焼けは見ることが出来ません。
夕日が沈みそうになると一瞬赤く空が染まるが、空はすぐに地球の陰に隠れ暗くなってしまいます。

ただ、西側に地中海があるので、条件によっては独特な夕焼けになります。

アンコーナは、イタリア半島の東側、アドリア海に面した街です。
アンコーナから西に向かうとウンブリア州(チッタ・ディ・カステッロ辺り)、トスカーナ州(ポッジボンシ、ヴォルテッラ、リヴォルノ辺り)を通り地中海に抜けます。
このどこかの地域で雨が降り、アンコーナが晴れていると独特な夕焼けが見ることが出来ます。






e0081119_1212153.jpg
08.09.04 Ancona
2004年9月8日
 アンコーナ
- Panasonic LC43

サイズ加工写真

[PR]
by vagaoku | 2007-03-27 19:41 | cielo/イタリアの空 | Comments(0)