Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2009年のイタリア。。。号外
25日でイタリアを発ちます。

最後の日だけ、ホテルを変えるので(今居るホテルは、24日から値段が高くなります)あわただしいです。

週末からミラノでいろいろありました。

日曜日に、ブレラ美術館に朝から行き午後から、師匠(ファブリーツィオ・メローニ)からスカラ座の公開リハーサルのチケットをもらい(日本語だと「ふたりのフォスカリ」だったかな?)ヴェルディのオペラを見て、師匠を待っている間に友達に偶然出会い夜のスカラ座管弦楽団の公開リハーサルの招待状をもらい、スカラ座管弦楽団の世界初演の曲にも立ち会えました。
世界初演を公開リハーサルにするのも面白いですが、指揮者のリッカルド・シャイーや作曲者などで舞台上でディスカッションをしたり、オーケストラの主題が変わる場所を抜粋して演奏したり・・・
世界初演作品に友達が乗っていて、後半のメンデルスゾーンは師匠が乗っていました。

e0081119_1522371.jpg
写真:ミラノ・スカラ座をバックにスカラ座管弦楽団の招待状とスカラ座の公開リハーサルのチケット

平日の朝は、ミラノ音楽院の図書館で発掘作業をしています。
未出版、絶版楽譜を探しまくっています。
ミラノ音楽院の図書館は毎日やっているので助かりますが、すべての楽譜は(部外者)図書館から持ち出しが禁止されているので、図書館付属のコピー作業専門の人に頼みます。
このコピーが問題で、、、
図書館の開いている午前9~12時しかやっていなく、混んでいたら12時前には閉めてしまいます。
1日5曲までしか借りられないので、出来るだけ厳選していますが、どれだけの楽譜が消失していてなかったり、ピアノ譜の一部が無かったり、曲が足りなかったり・・・
クラリネットのパート譜が無いのは、まだピアノ譜(古い楽譜には、ピアノ譜がスコアになっていない)だけでもあれば何とかなるのですが・・・
ミラノ音楽院の図書館は、それでも借りるのが簡単だから良いですが、、、
旅先のパルマでも音楽院の図書館へ行って楽譜を見ることが出来ました。

まだ、ミラノで午前中に滞在しているのは2日あるので、出来るだけ多くの日本で未発表の作品、時代に埋もれてしまった作品などを発掘したいと思います。
[PR]
by vagaoku | 2009-03-24 15:20 | viaggio/旅 | Comments(0)
<< 2009年のイタリア。。。号外 2009年のイタリア。。。その10 >>