Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボロニェーゼ。。。tagliatelle alla bolognese
tagliatelle alla bolognese
タリィアテッレ・アッラ・ボロニェーゼ

ragù alla bolognese
ラグー・アッラ・ボロニェーゼ


世界中で呼ばれている「ミートソース」に一番近いソースが「ボロニェーゼ」だと思います。
「ボロニェーゼ」は、「ボローニャの」と言う意味で、エミリア・ロマーニャ(Emilia-Romagna)州のボローニャ(bologna)のことです。

日本では時々「ボロネーゼ」と呼ばれることもありますが、これは間違いで正しくは「ボロニェーゼ」と読みます。
×bolonese → ◎bolognese


ボローニャ風のミートソースは「ragù alla bolognese:ラグー・アッラ・ボロニェーゼ」と呼ばれます。
ボローニャのあるエミリア・ロマーニャ州は、昔から非常に裕福な土地だったので、他の地域では非常にシンプルな味付けで食べられていたパスタとは違う、非常に裕福なソースとして生まれたようです。

ボローニャ風のソースは、必ずタリアテッレ(tagliatelle)と呼ばれる非常に幅の広い卵を使った生パスタで食べられます。
ボローニャの人いわく「タリアテッレ(tagliatelle)で食べなければボローニャの味ではない!」と言い切るくらいです。





>>ボロニェーゼの材料<<
・ひき肉 (パンチェッタがあるときは赤身、無い場合は普通のもの)
・玉ねぎ
・にんじん
・セロリ
・パンチェッタ (無ければオリーブオイル、食べ残した生ハムなどの脂身でも良い)
・赤ワイン (辛口白ワインでもよい)
・トマト (缶詰、または漉してあるもの)
・塩


>>ボロニェーゼの作り方<<
1:野菜(玉ねぎ、にんじん、セロリ)をみじん切りにして刻む。
2:鍋に細かく切ったパンチェッタかオリーブオイルを入れて弱火にかける。
3:油が出てきたら玉ねぎとセロリをじっくり炒める。

4:しばらくしたらにんじんを入れて、それぞれの野菜がひとつの香りになるまでじっくり炒める。
5:火を強火にしてひき肉と塩を入れて炒める。
6:赤ワインを入れ、アルコールを飛ばす。

7:弱火にして細かくつぶしたトマトを入れ煮込む。
8:仕上げに味見をして塩で調節する。


調理時間は、1~2時間くらい。


e0081119_19281324.jpg



野菜のブロード(出汁:ブイヨン)がある場合

>>ボロニェーゼの材料<<
・ひき肉 (パンチェッタがあるときは赤身、無い場合は普通のもの)
・野菜のブロード
・パンチェッタ (無ければオリーブオイル、食べ残した生ハムなどの脂身でも良い)
・赤ワイン (辛口白ワインでも良い)
・トマト (缶詰、または漉してあるもの)
・塩


>>ボロニェーゼの作り方<<
1:鍋に細かく切ったパンチェッタかオリーブオイルを入れて弱火にかける。
2:強火にしてひき肉と塩を入れて炒める。
3:赤ワインを入れ、アルコールを飛ばす。

4:弱火にして野菜のブロードを入れる。
5:全体になじんだら、細かくつぶしたトマトを入れて煮込む。
6:仕上げに味見をして塩で調節する。


調理時間は、30分くらい。





e0081119_1928565.jpg



参考までにボローニャでもっともオリジナルのレシピと言われている物の材料。

>>材料<<
・牛肉 (包丁でひき肉状にする)
・パンチェッタ
・玉ねぎ
・にんじん
・セロリ
・トマト・ペースト (2倍濃縮や3倍濃縮などもある)
・肉のブロード (出汁:ブイヨン)
・白ワイン


イタリアのおふくろの味、ラグー。。。ragù」へ
「タリィアテッレを作る。。。tagliatelle della casa」へ >>準備中<<
[PR]
by vagaoku | 2009-05-25 05:12 | primo piatto/パスタ類 | Comments(0)
<< 花。。。その5 ソラマメとサーモンのスパゲッテ... >>