Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
サントリーで再会:吉川隆弘
先日11月23日に吉川隆弘さんのピアノ、リサイタルへ行ってきました。

サントリーの小ホールへ行くのは久しぶりでした。
いつ以来だったのか・・・
大学生の頃、ファゴットの小山さんのリサイタル以来かも知れない。。。


さて、ピアノの吉川さんは、いったい何年ぶりの再会だったのだろう?
ミラノでスカラ座のメローニのレッスンの時にピアノを何度となく弾いてもらっていました。
「いつか日本に帰ったときには吉川さんに弾いてもらいたいな」とずっと思っていました。

何度もレッスンに付き添ってもらっていたので、こっちが何も言わなくてもわかってくれるし、何よりも吉川さんの存在感が・・・

2004年日本へ発つ時に最後にミラノでシューマン:幻想小曲集を一緒に録音してもらったほどです。
あの時以来の再会でした。



e0081119_9314294.jpg
写真:吉川さんのホームページより
吉川さんらしい写真で少しにやにやしてしまいました。


吉川さんの名前を久しぶりに聞いたのは、夏に通あくとして参加した講習会でファゴットのズッキアッティから「ヨシ(芳川さんはイタリア人から「ヨシ」と呼ばれています)は、イタリア人と結婚して、子供が生まれるよ」という話しからだった。

懐かしさと驚きで・・・

その勢いでインターネットで検索をしたらホームページを見つけ、何とかコンタクトが取れ、しかも、東京でリサイタルがあることがわかりました。


サントリーホール ブルーローズ(小ホール)にてリサイタル

ソプラノ 山口佳子(ゲスト)
program:
ショパン:ポロネーズ 第6番 変イ長調 作品53 「英雄」
ショパン:バラード 第4番 ヘ短調 作品52
リスト:ラ・カンパネラ
リスト:愛の夢 第3番
リスト:リゴレット・パラフレーズ
ヴェルディ:オペラ「リゴレット」より 「慕わしき人の名は」 ほか


良い演奏会だったな~。
吉川さんらしい演奏会だったけど、もっと出して欲しかったな~。
でも、吉川さんに刺激され、イタリアのことをたくさん思い出したので11月27日のクアットロ・アンチェの演奏会へ向けてがんばろう!!



イタリアにいた頃の写真を探してみたけど、まともに写っている吉川さんの写真がない・・・
普段と違う壊れた状態のときについ写真を写していたのかも知れない。
思い出はたくさんあるのにな・・・

e0081119_9381358.jpg
写真:吉川さんとクラリネットのAlessandro Falco(アレッサンドロ・ファルコ)
この二人は、いつでも一緒だったな・・・
2002年ウンブリア州チッタ・ディ・カステッロにて
2002-citta di castello

吉川さん&アレッサンドロの写真は、こちらからでも見ることができます。
ホームページ
このホームページの写真を見るとアレッサンドロは、完全にメローニを意識した格好で演奏しているように見えるな・・・
アレッサンドロは、今でも相変わらずなんだろうな・・・
[PR]
by vagaoku | 2008-11-25 21:28 | musica/音楽 | Comments(0)
<< クアットロ・アンチェの演奏会を終えて 冬の楽しみ! イタリアの焼き栗 >>