Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
花。。。その5
passiflora パッシフローラ

日本でもよく見かけるようになってきた「トケイソウ」の花。

最近、この花の果実がパッションフルーツになることを知りました。


以前は、パッションフルーツは「グラナディラ」というクラリネットなどの木管楽器で使われる「グラナディラ」から出来ると思っていました。


調べたら、クラリネットなどの木管楽器に使われる「グラナディラ:grenadilla」と言う黒い木は「マメ科」に属し、トケイソウ=パッションフルーツの「グラナディラ:granadilla(微妙にスペルも違った)」は「トケイソウ科」となるらしい・・・

ただ、両方とも英語の方言で「グラナディラ」と言うらしく、どこで使われる言葉なのか調べたのですがよくわかりません。

さらに調べていたら「グラナディラ」と「黒檀」とも違うらしく、、、
黒檀は「カキノキ科」に属すらしい。。。

e0081119_9445038.jpg
写真:ウンブリア州チッタ・ディ・カステッロにて


日本では、時計に似ているので「トケイソウ」と言う名前だが、イタリア語の「passiflora:パッシフローラ」の名前の由来は、、、
1610年に原産地に派遣されたスエズス会の宣教師たちがこの花をかつて「アッシジの聖フランチェスコ(francesco d'Assisi)」が夢に見たと言う「十字架上の花」だと思い、「fiore della passione:フィオーレ・デッラ・パッシオーネ(フィオーレ:花。パッシオーネ:キリストの受難)」と言う由来から、1753年にスウェーデンの植物学者カル・フォン・リンネが名前を付けたようです。

英名はPassion Flower(パッション・フラワー)と呼ばれ、その花から出来る果物なので「パッション・フルーツ」になったようです。
[PR]
by vagaoku | 2009-05-26 08:41 | fiore/花 | Comments(0)
<< 西高 VS 西尾 ボロニェーゼ。。。taglia... >>