Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
イタリアの愛すべき猫たち。。。その2

見つめる猫たち


猫は、興味があるものはずっと見続けて、興味が無いものには、、、
どこの国の猫も同じです。



散歩をしていたりすると、なぜか良く猫と目が合います。
それは、日本でも同じです。

カメラを構えて写そうとすると、猫は逃げてしまうことが多いですが。。。






e0081119_0285457.jpg





写真:ラーツィオ州セルモネータにて。
この街にあるリストランテ(レストラン)の庭には、沢山の猫がいます。
野良猫なのか?飼い猫なのか?全く分かりません。
おそらく野良猫だと思います。
食事がテーブルに運ばれてくるたびに、猫たちが集まってきます。
特に、メインの肉料理の時には大変です。
でも、みんなテーブルに上がってきたりしないで、ずっと下から見続けます。






e0081119_1121207.jpg





写真:マルケ州シローロにて。
この猫は、ずっとこの場所に座っていました。
近づきすぎると驚かしてしまうので、少しはなれたところから写真を撮りました。
猫だと言う雰囲気が全く無かったです。

この街では、この街でしか取れない白い石があります。
この猫は、その石と同じような色をしていました。





e0081119_11244166.jpg




写真:ロンバルディア州ベルガモにて。
なんともいえない表情をしていました。
この写真では、すでに中腰になっていますが、連写で撮った次の写真では、歩き出してしまいました。
[PR]
by vagaoku | 2007-06-11 19:25 | イタリアの猫と犬たち | Comments(0)
<< ミラノのマクドナルド 音楽用語から生活の言葉へ。。。その2 >>