Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
僕のオペラの楽しみ方
音楽の楽しみ方は、人によって違うと思います。


オペラは、とても不思議な世界だと思います。

言葉を理解する脳と音楽を理解する脳は別にもかかわらず、それを同時に楽しむなんて!

僕がオペラを楽しむ時は、音楽と雰囲気と舞台を楽しみます。
言葉は最後なのかも知れません。

日本では、ほとんど楽しむ事が出来ない舞台やオーケストラピット(舞台の下にオーケストラがいる所)を早い時間からゆっくり楽しむのが好きです。

それよりももっと楽しいところがあります。

それは、オペラの舞台裏です!

e0081119_21572841.jpg
写真:トスカーナ州モンテプルチアーノの劇場でのリハーサル風景。
初めて舞台でのリハーサルをする時は、みんな私服でやります。


オーケストラでもそうですが、オペラでもリハーサルは私服で行います。
もちろん、舞台衣装を着てリハーサルをすることもあります。

オペラを演奏するオーケストラは、舞台上ではなく舞台の下に入ります。

e0081119_19554192.jpg
写真:オーチャードホールのオーケストラ・ピットからの客席を見たところ。

普段、見慣れた日本のホールでも、オーケストラ・ピットから見ると違う雰囲気があります。
演奏会のときには、早めにホールへ入りオーケストラ・ピットを覗くのも楽しいです。

e0081119_2237522.jpg
写真:オペラの主役は、本人の名前と役名が楽屋入り口に書いてあります。
すごい人でした。

楽屋には、出演者の名前と配役が張り出されています。
巨匠の楽屋近くでは、みんな静かになります。

e0081119_13561518.jpg
写真:オペラのステージ裏で活躍するbanda(バンダ:楽隊をさす言葉だが、ステージ裏出演奏する人達のことも言う)は、ステージよりも穏やかな雰囲気です。
オーボエがチューニングの音を吹いているので、開演寸前の写真です。


日本への引越し公演では、オーケストラの首席がバンダをやることがあります。

ステージ裏なのに、オーボエのGianfranco Bortolato(ジアンフランコ・ボルトラート)やクラリネットのCalogero Palermo(カロージェロ・パレールモ。現在はフランス国立管弦楽団に移籍しました)などが並んでいました。
ちなみに、バンダで演奏している人たちは、自分達の出番が終わると、すぐに劇場からいなくなってしまいます。


オーケストラでもオペラでも、人それぞれの楽しみ方があると思います。
自分の楽しみ方を見つけに、演奏会へ足を運んでみませんか?
非日常の空間で素晴らしい体験をするかもしれませんよ!



ローマ歌劇場公式サイト
もう一人の首席オーボエLuca Vignali(ルーカ・ヴィニャーリ)のサイト
[PR]
by vagaoku | 2011-01-29 18:02 | musica/音楽 | Comments(0)
<< モリーゼ州のワイン・リスト 空に浮かぶ物は・・・ >>