Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ヴェローナの古代円形劇場 その3

☆野外オペラ、アレーナを徹底的に楽しむ!!!


野外オペラのシーズン中(夏季)は、ほぼ毎日上演される演目が変わります。
シーズンの初めは、全ての演目のセットがアレーナ前の広場に無造作に置いてあります。

あまりに巨大なため、どこかの倉庫にしまっておくことも出来なく、雨が降ってしまってもそのままです。



一度、幕間の休憩がいつまで経っても終わらないことがありました。

そのときは、舞台の比較的近くの自由席に座っていたので、舞台裏まで見ることが出来ました。

休憩の途中ぐらいから、舞台裏が慌しくなっていました。
前の夜も同じ演目を見ていたので、すぐにわかりました。

明らかに、舞台上に並んでいる大きなテーブルが足りません。

しばらくすると、アレーナの外側も騒がしくなってきました。

座っていた席は、自由席の一番上(後ろ)だったので、アレーナの外側も見ることが出来ました。
外の広場を覗き込むと裏方さんたちが大勢で分解してある机をあちこちから運び出していました。

そして、あっという間に巨大なステージに巨大なテーブルが追加されました。

こういうハプニングも野外オペラならではです。



野外オペラのような巨大な場所でイタリア人の席取り行動を見ていると飽きません。

「あっちがあいているぞ~!」と、明らかにその人数が座れないような空間を求めて、隙間に座ろうとしていたり。


澄んだ勢いのある綺麗な口笛で、ものすごく遠くの人を呼ぶ。
気がつかなければ、何度でも吹く。

そして、遠くにいるのに仲間と大声で話し出す。


オペラの前に「Commedia dell'Arte(コンメディア・デッラルテ:即興芝居)」の芝居でも見ているような・・・
「これがイタリアなんだな~」と言う風景を楽しめます。



e0081119_19114540.jpg
写真:シーズンの始めは、広場が舞台に占領される。


e0081119_19104939.jpg
写真:ヴェルディ作曲の「イル・トロヴァトーレ」の舞台の一部だが、こんな感じで置いてある。



e0081119_19121088.jpg
写真:ヴェルディ作曲の「ナブッコ」の舞台がバラバラに置いてあるが、一部柵から飛び出している。


「イル・トロヴァトーレ」と「ナブッコ」の完成舞台はこちらへ

e0081119_19122411.jpg
写真:
左に立っている子供と比べると「イル・トロヴァトーレ」の舞台の大きさがわかる。



e0081119_14441525.jpg
写真:
自由席Dの一番後ろの席を立ち上がり、後ろを見るとヴェローナの街が一望できる。
[PR]
by vagaoku | 2007-07-08 23:12 | teatro/劇場 | Comments(0)
<< わたあめ オリエント・エクスプレス その1 >>