Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
クレーマの劇場

イタリア、ロンバルディア州にクレーマ(Crema)と言う、美味しそうな名前の街があります。
なぜおいしそうかと言うと、イタリア語で「Crema」は、お菓子に使う「クリーム」や「クリーム状の物」と言う意味です。
この街の「Crema」とクリームの「Crema」は発音もつづりも同じです。


弦楽器製作者(イタリア語では「リュートを製作していた人」からの語源を持つ「Liutaio:リウターイオ」と言います)でもっとも有名なアントーニオ・ストラディヴァリ(Antonio Stradivari)やニコーラ・アマティ(Nicola Amati)の活躍したしたことで有名なクレモーナ(Cremona)の近くにあり、クレモーナ県内にあります。

街の語源ははっきり分かりませんが、近くにあるクレモーナ(Cremona)と関係があるのかもしれません。

「クレーマの人」を指すイタリア語は「Cremasco(クレーマスコ)」で、複数形は「Cremaschi(クレーマスキ)」と、少し特殊です。



Teatro San Domenico(テアトロ・サン・ドメーニコ:サン・ドメーニコ劇場)は、劇場として作られていないため、音響的には少し問題があります。

1300年代に教会として建てられたといわれているが、1900年代にクレーマ市の建物になり、世界大戦の頃は軍人用の病院と使われたり、体育館としても使われたが1999年に現在の劇場のような姿になった。


e0081119_1744450.jpg
写真:客席からステージを見たところ。

e0081119_17442226.jpg
写真:ステージ側から客席を見たところ。

e0081119_17443422.jpg
写真:この劇場の楽屋です。



クレーマ市の依頼により、2004年1月10日にこの劇場で、ブラームス:クラリネット三重奏曲を二人のイタリア人と演奏をしました。


この時、出演者の名前をちゃんと確認できなかったで文字を間違えて
「Hideyky Okuda」と、表記されてしまいました。
そのため、イタリアで活躍する演奏家のページにも名前が間違ったまま表記されてしまいました。
正しくは、「Hideyuki」です。

実際に間違ったまま掲載されているイタリアのページへ
[PR]
by vagaoku | 2007-06-30 23:32 | teatro/劇場 | Comments(0)
<< イタリア人の書く文字。。。その1 セッテベッロ ETR300 S... >>