Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
停車中の車窓から。。。
停車中の窓からの景色


イタリアの鉄道のR(レジオナーレ:州内各駅)、IR(インテル・レジオナーレ:州外快速)は窓の開く車両がまだ多く走っています。

特にIR(インテル・レジオナーレ)は、時間さえあれば運賃のみで長距離を移動できるのでよく乗っていました。

特急より停車駅が多いが、窓の開く列車としてはビックリする速度で運行します。

おそらく最高速度は、時速160km近いと思います。

暑い時期になると、窓を開け、カーテンがバタバタと暴れまくり、頭の毛はボサボサになります。
しかし、まだ冷房車両が少ないので、窓を閉めてしまうと、車内はすぐに温室のようになってしまいます。
(夏場は、気温が40度を越える地域もあるので、最近は冷房車が増えてきていますが。。。)



そんな列車で旅行をするのが好きでした。
時間は、かかりますが。。。



e0081119_17483745.jpg
写真:ミラノ中央駅 (朝)
ミラノ→トリーノ行きIR(インテル・レジオナーレ)の出発風景




朝早い時間の出発で、すでに出発時間が過ぎてしまったので、ホームには誰の姿も見えない。


終着駅タイプのミラノ中央駅は、大きなドームが特徴です。

蒸気機関車の走っていた当時は、これくらい大きくないと構内に煙が立ち込めていたのかもしれません。
現在は、夏はしっかり暑く、冬はとても寒い、快適な構内です。

ものすごく天気の良い日は、雪を抱えた真っ白なアルプスの山々が連なっているのが見ることが出来ます。

そんなミラノ中央駅は、鉄道の旅を盛り上げてくれます。



e0081119_17493133.jpg
写真:アンコーナ駅 (夕方)
アンコーナ→ミラノ行き IR(インテル・レジオナーレ)の出発風景



週末に田舎に帰り、日曜日になると田舎を去っていく。
最終の列車には、たくさんの見送りが集まる。



注意)以前はミラノ~アンコーナの長距離IRが走っていました。
所要時間は、5時間20分ほどでした。
2005年冬のダイヤ改正により、トリーノ(Torino)~アンコーナの長距離に変わり、新しく出来たカテゴリーのRV(レジオナーレ・ヴェローチェ)となってしまいました。
ダイヤ改正前のこの列車は、途中のボローニャで乗換えが必要でした。

2007年6月10日のダイヤ改正によりRV(レジオナーレ・ヴェローチェ)のカテゴリーが廃止になりました。
わずかな期間だけの運行でした。
RVは、トリーノ~アンコーナを約7時間の所要時間で運行していました。

今回のダイヤ改正により、アンコーナ~ミラノ間はES*(ユーロスター・イタリア)、IC(インテル・シティ)が非常に増えたが、IR(インテル・レジオナーネ)が無くなってしまいました。





長距離を楽しめる、お勧めIRは、
ミラノ~ピサ/リヴォルノを5時間弱で1日1往復のみ走っています。

ミラノ~フィデンツァは、主に平らな平野を走っています。
フィデンツァ~サルツァーナは、Appennino(アッペンニーノ)山脈の北部を通過して、峠を越える。
マッサやカッラーラの辺りでは、大理石採掘現場のある山が、まるで雪が積もっているように光り輝いているのが見れる。
carnevale(カルネヴァーレ:謝肉祭/カーニバル)で有名な海岸の街、ヴィアレッジョを通り、斜塔のあるピサを通り、終点の砂浜のあるリゾート地、リヴォルノに到着する。


停車駅は、
Milano Centrale (ミラノ・チェントラーレ)
Milano Rogoredo (ミラノ・ロゴレード)
Melegnano (メレニャーノ)
Lodi (ローディ)
Casalpusterlengo (カザルプステルレンゴ)
Codogno (コドーニョ)
Piacenza (ピアチェンツァ)
Fidenza (フィデンツァ)
Dornovo (ドルノーヴォ)
Berceto (ベルチェート)
Borgo Val di Taro (ボルゴ・ヴァル・ディ・ターロ)
Pontremoli (ポントレモーリ)
Villa Franca-Bagnone (ヴィッラ・フランカ=バニョーネ)
Aulla Lunigiana (アウッラ・ルニジアーナ)
S.Stefano di Magra (サン・ステーファノ・ディ・マーグラ)
Sarzana (サルツァーナ)
Carrara-Avenza (カッラーラ=アヴェンツァ)
Massa Centro (マッサ・チェントロ)
Forte dei Marmi-Seravezza-Querceta
(フォルテ・デイ・マルミ=セラヴェッツァ=クエルチェータ)
Pietrasanta (ピエトラサンタ)
Viareggio (ヴィアレッジオ)
Pisa Centrale (ピサ・チェントラーレ)
Livorno Centrale (リヴォルノ・チェントラーレ)


注意)2007年6月10日のダイヤ改正でIR(インテル・ラジオーネ)のカテゴリーは廃止になってしまいました。
この列車は、R(レジオナーレ)として運行しています。
[PR]
by vagaoku | 2007-06-24 22:14 | trasporto/交通機関 | Comments(0)
<< イタリアの愛すべき猫たち。。。その3 トラムのある風景 - 6 >>