Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ただいま工事中です
イタリアでは、夕方までしか工事をしません。
最近は夜でも工事をしているのを見かけますが。。。


夕方までしか工事をしないと言うことは、工事途中のまま止めると言うことです。

日本も止めることはあるけど、工事現場を見れないようにしてあったり、多少気を使ってふたを閉めたりすると思いますが、、、

イタリアは、本当にそのままです。

例えば、ミラノ市街の工事現場の写真です。


e0081119_13114928.jpg



建物の角、歩道の角を堀まくり、そのまま放置しています。

しかも、簡単な柵のみです。

この簡単な柵に沿って歩くと、穴に落ちてしまいそうになる箇所もあります。

こういう工事現場では、たいていガス臭いです。

この場所はまだ人がほとんどいないから良いですが、、、



e0081119_131265.jpg



人が多いところでもそのままです。。。


特に、覗き込む人もいなく、立ち止まる人もいません。
それぐらい、普通の光景なんです。




少し変わったところで、路面電車の線路を工事しているところです。



e0081119_1758315.jpg


石畳の道路の位置を退かし、線路を取り替える工事でした。

工事の人は退かした石を置かなければなりませんでした。
「普段路面電車が通らないだろう」と思った場所に山積みにして、夕方になったのでやっぱりそのままで帰っていきました。


ところが、「普段路面電車が通らないと思った場所」に路面電車がやってきてしまいました。

石が邪魔をして、路面電車は大きな交差点の真ん中に立ち往生。。。

写真に写っていないが、路面電車の後ろには大渋滞になっていました。
そのため、大きな交差点にもかかわらず、信号と関係なく歩行者が渡れるほどでした。
[PR]
by vagaoku | 2007-05-10 20:52 | italia/イタリア | Comments(0)
<< ヴェローナの古代円形劇場 その1 イタリアのトマト >>