Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
イタリア・イェージのペルゴレージ劇場
イタリアの劇場は、地方都市でも立派な劇場のある街があります。

e0081119_12493754.jpg


この立派な劇場は、マルケ州イェージ(Jesi)にある、
Teatro Pergolesi(テアトロ・ペルゴレージ:ペルゴレージ劇場)です。

劇場の名前は、イェージ生まれのモーツァルトと並ぶ才能の持ち主と言われていたが、わずか26歳で生涯を閉じたGiovanni Battista Pergolesi(ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ)から付けられた。


この時は、日本の和太鼓団体「鼓童」の演奏会でした。

e0081119_12512359.jpg


この劇場とステージの差がすごいです。

これだけでも、演奏会に対する気持ちが高まります。


演奏会は、すばらしく一緒に来ていたイタリア人を含めみんな興奮していました。
終演後、ホールにいた鼓童の代表の方と少し話していたら、「どうしても気持ちを伝えてくれ」と言うイタリア人達に囲まれて、ちょっとした即席通訳をやらせていただきました。

思い出に残る演奏会と劇場でした。
[PR]
by vagaoku | 2007-04-06 20:02 | italia/イタリア | Comments(0)
<< 犬のための標識 イタリアの建物 外観 >>