Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カラスミのスパゲッティ
Spaghetti con bottarga di muggine
(スパゲッティ・コン・ボッタルガ・ディ・ムッジネ)

シンプルでとっても美味しい、カラスミのパスタ。

イタリアにも「カラスミ(bottarga:ボッタルガ)」が存在します。
ボラのものがもっとも高級で一般的なものはマグロやカジキマグロの卵です。

マグロは塊の物と細かくなった物があり、細かくなったものはサラダにも使えます。

カラスミのパスタをはじめて食べたのは、イタリアとアフリカの間にあるサルデーニャ島を旅行した時でした。
カラスミのパスタは、サルデーニャとシチリアの伝統料理とされています。

何軒かで食べた時に「もうちょっと頑張ればおいしく作れるのに・・・」とおもい、自分で作ることにしました。

細かくなったカラスミはスーパーなどで手に入りますが、ボラのカラスミはそう簡単に手に入りません。

やっぱり、ちゃんと作ると美味しいです。



カラスミ・パスタの作り方

1.ニンニクを薄く切ります。 出来たら芯を取り除く。
2.フライパンにオリーブ・オイルを多めに引いて、ニンニクを入れる。
3.弱火でニンニクを炒める。

4.うっすらニンニクに色が付いてきたら、パスタの茹で汁を入れる。
5.オイルの温度が少し高めにすると、ニンニクにきれいに色が付く。
6.ニンニクを焦がさないように、気をつける。

7.この時にパスタを茹で上げる。
8.パスタをフライパンに入れる瞬間、少しだけ火を強くする。
9.パスタ全体にオイルを絡ませる。

10.パスタを絡ませる時にできるだけ素早く、塩をいれる。
11.味見をする。
12.パスタをさらに移してから、カラスミを薄くスライスしたものをまぶす。

13.できあがり。



細かいカラスミの場合。

1.ニンニクを薄く切ります。 出来たら芯を取り除く。
2.フライパンにオリーブ・オイルを多めに引いて、ニンニクを入れる。
3.弱火でニンニクを炒める。

4.うっすらニンニクに色が付いてきたら、パスタの茹で汁を入れる。
5.オイルの温度が少し高めにすると、ニンニクにきれいに色が付く。
6.ニンニクを焦がさないように、気をつける。

7.粉末状になった細かいカラスミをフライパンに入れる。
8.カラスミに油がまわったらパスタを入れる。
9.パスタをフライパンに入れる瞬間、少しだけ火を強くする。

10.パスタ全体にオイルを絡ませる。
11.パスタを絡ませる時にできるだけ素早く、塩をいれる。
12.味見をする。

13.さらに移して出来上がり。


辛味をつけたい場合は、3くらいで種を抜いた唐辛子を入れる。


e0081119_1311083.jpg
写真:日本で作った料理。
[PR]
by vagaoku | 2008-01-03 08:51 | primo piatto/パスタ類 | Comments(0)
<< イタリア・ローカル線の車窓から... 2008 capodanno ... >>