Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
italia - milano - 03
ミラノ・スカラ座は、毎年12月7日にシーズンが始まる。
e0081119_22442779.jpg


この日は、ミラノの守護聖人サンタンブロージオ(Sant Ambrogio)の日で、ミラノ市は祝日の日でもある。
そんな日にミラノ・スカラ座は、開幕する。

その日は、書く著名人や芸能人、議員などさまざまな人たちが、スカラ座に集まる。
一種のステータスみたいになっているのようだ。
もちろん一般の人もチケットさえ買えればオペラを見ることができるが、普通の日よりも値段設定がかなり高く設定されている。


普段はのんびりとしたスカラ座の前も、12月7日だけはまったく違う。

多くの人が集まるので、その人たちに抗議や要求をする人、それを抑える人たち、スカラ座を見に来る人たち、それらをすべて見に来る人たちで物々しい空気が流れる。

オペラを見に来ているはずなのに、表で騒音を鳴らしている人たちの中を進んでいかなくてはいけない。

うるさい広場でスカラ座開幕のために呼ばれた、警察馬だけがおとなしく何時間も立ち続けていた。

e0081119_22533261.jpg

[PR]
by vagaoku | 2006-12-10 23:05 | viaggio/旅 | Comments(0)
<< 演奏会のお知らせ italia - milano... >>