Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ドリー・フォンティネン/アトリエ・ローゼンホルツ 2015年9月23日
出来るだけ、ちゃんと書こうとしたのに・・・
随分前の話しですがまとめてアップしています。

古本屋カフェ・アトリエ・ローゼンホルツのリニューアル・オープンを記念して無料コンサート
9月23日(祝・水)

アトリエ・ローゼンホルツ
13:00~
クラリネット・アンサンブル・ドリー・フォンティネン

15:00~
高畑ヨシオ アイリッシュハープによるお話会


リハーサル
e0081119_13215038.jpg

e0081119_13232143.jpg
e0081119_13241193.jpg

e0081119_13244930.jpg
e0081119_13253164.jpg


演奏中の写真をアイリッシュハープの高畑ヨシオさんが撮ってくれていました!
e0081119_13264260.jpg


演奏が終わってから、高畑ヨシオさんのアイリッシュハープを聴きました。
e0081119_13282825.jpg
e0081119_13312915.jpg
e0081119_1333333.jpg
e0081119_1334836.jpg

ヨシオさんの興味深いお話を満喫しました
e0081119_1337929.jpg

ヨシオさんの相方さん
e0081119_14103834.jpg

e0081119_1412155.jpg

e0081119_14122928.jpg

e0081119_1413261.jpg
e0081119_14135779.jpg
e0081119_14142034.jpg


クラリネット奏者のシンボル?!
e0081119_14144420.jpg
親指にクラリネットダコが出来ます。
亜土くんにはふたつ、こわたんにはひとつ、僕は・・・はい、練習をちゃんとします。
指かけにコルクが付いているC管を使ったので珍しく出来ているか…
僕は普段、コルクもゴムも付けていないけど、タコが出来ません。
はい、練習をちゃんとします。

市川のアトリエ・ローゼンホルツでの演奏は、沢山の縁を感じました。

僕らのアンサンブルの名前は「ドリー・フォンティネン(3つの泉)」と言います。
アイリッシュハープとお話の高畑さんいわく、アイルランドでは「3」と言う数字「泉」もとても関係が深く、そのお話を聞くだけで不思議な感じでした。
さらに、出演者がほぼ同世代と言うのもびっくりです!
いつか、一緒に演奏会をやってみたいです!

今回、最も驚いたことは・・・

僕ら、ドリー・フォンティネンの演奏が始まる寸前に、亜土くんから一番近くに座っているご婦人が「ホルンの英土さんにそっくりだわ~」と!!!!
それはそうです!
亜土くんと英土くんは、双子なのですから!
後でちゃんとお話をしたら、僕とは直接つながりはないのですが、亜土くんもこわたんも、さらにfacebookで多く繋がっているホルン奏者のお母さまでした。

「家が近く、たまたま聴きに来て、息子の話が出来るなんて!
息子の事を思い出していただき…」とおっしゃっていました。

色々な縁と驚きと居心地の良さから、ものすごく長い時間居座ってしまいました。

アトリエ・ローゼンホルツさん、本当にありがとうございました。

アトリエ・ローゼンホルツさんとも面白い縁なので、いつかお話を書かないといけないですね。

こわたんがエジプトから帰ってくる時に合わせて、次回の演奏会を企画しないと!!
後、この数日間、血圧があまりに高いので気を付けないと・・・

みなさま、ありがとうございました。
[PR]
by vagaoku | 2015-12-11 14:16 | musica/音楽 | Comments(0)
<< イタリアの訪れた街、行った街 前半 2015年9月 ボローニャ歌劇... >>