Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
5月の前半に行った美術館と美術展
イタリアから帰ってきて、日本の芸術に触れたくなり何箇所か行ってきました。


三の丸尚蔵館 - 宮内庁


太田記念美術館
現在、個人所有の歌川国芳「東都三ツ股の図」が展示してあります。
東京スカイツリーかも知れない!と言われている、高いやぐらが描かれています。
そういえば、東京スカイツリーと公募で選ばれる時に「東京やぐら」みたいな名前もあったような気がします。


特別展 ボストン美術館 日本美術の至宝
本拠地ボストンでも見ることの出来ない規模の日本美術です。
8世紀(奈良時代)の曼荼羅(まんだら)、12世紀(平安時代)の絵巻、数々の屏風画や現実では無いような曲線と色彩にあふれた屏風、伊藤若冲の作品、そして何よりも世界初公開の曽我蕭白の巨大な龍や他の作品群は見ものです。


レオナルド·ダ·ヴィンチ美の理想
なんと言ってもパルマ国立美術館(Galleria Nazionale Parma)所蔵の不思議な緑色に塗られた板に描かれた「ほつれ髪の女(La Scapigliata, 1508 circa)」は見ものです。
その他、レオナルドが下絵を書いた作品なども非常に興味深い作品がたくさんありました。

レオナルドの作品以外では、以前からラファエッロのデッサンやヴァザーリの書いたメモで存在をうわさされていた若い頃のモナ・リザ(La Gioconda, Madonna Lisa)がついに発見されたアイルワース(Isleworth)所有のモナ・リザが見ものです。
ラファエッロのデッサンに描かれている石柱も描かれています。
e0081119_1532538.jpg
アイルワース版モナ・リザ





[PR]
by vagaoku | 2012-05-23 02:23 | ある音楽家の感じた美術 | Comments(0)
<< 赤い靴 フィレンツェで見たヴェネツィア... >>