Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
父さんと二人旅・・・その3 高知市 メフィストフェレス
2011年11月23~25日に、父さんと高知へ行ったお話。。。

ある時、父さんがテレビを見ながら「こういう生活をしたかった。でも、もう無理だから・・・」と言う言葉から、旅の計画が始まりました。



2011年11月23日 (高知 曇り)

疲れと少し酔った父さんはホテルで休んでもらった。

ひとりの時間が出来た。

ホテルから再びひろめ市場方面へ歩き出す。

高知大丸辺りから帯屋町のアーケードのいろいろな店を見ながら歩き出す。

ふらふらしていたら、男性のくしゃみが聞こえた。

振り向くと若い易者の方が座っていた。

今の自分に色々な事があり、「もし次に見かけたら占ってもらおうかな」など考えながら、再びふらふら歩く、「土佐茶カフェ」と言う高知のお茶を紹介しているカフェがあった。

メニューを見ると、ものすごく昔から気になっていた碁石茶(日本で唯一の乳酸発酵茶)が書いてあったが、この日は以前勧めてもらい行ってみたかった喫茶店へ行くことにした。

e0081119_22255678.jpg

メフィストフェレス(Mephistopheles)と言う喫茶店。

高知には高知独特の喫茶店文化があるらしい。

そんな文化の一部に触れてみたかった。

店に入ると、モーツァルトのクラリネット協奏曲が流れていた。

何か運命的なものを感じながら店内の奥の方の席に座った。

ケーキやパンも美味しそうだったが、後で父さんと食事に行くので、サイフォンコーヒーを頼んだ。

e0081119_22283718.jpg

コーヒー、美味しい。

イタリアへ行くまでコーヒーは飲んだことが無く、初めてちゃんと味わったコーヒーがエスプレッソだったので、日本に帰ってきてもエスプレッソ系のコーヒーしか飲めなかった。

日本でよく飲まれているコーヒーの酸味が苦手だった。

今年になって、酸味がほとんど無いコーヒーがあることを知った。

それを教えてくれた人が、この喫茶店を教えてくれた。

e0081119_22291622.jpg

コーヒーの味や店の空間にすっかり落ち着き、ゆっくり考え事をしたり、店内の照明などを見ていた。

僕がイタリアで飲み始めたコーヒーで興味を持ったものの一つに、コーヒーの器があります。

日本では薄い陶器製の器が多いですが、イタリアで気に入っていた器は非常に厚みのあるものでした。

唇が触れる感触が最も好きだ。

イタリアのコーヒー以外でこの厚みは初めてだった。
それだけで、幸せになった。

コーヒーが飲み終わる頃に女性が姿を現しました。
彼女は、翼を持つ天使ラファエルだろうか。
ミカエルだろうか。
それともガブリエルだろうか。

e0081119_22293860.jpg

喫茶店でのゆっくりした時間を過ごし、会計をしている頃に、再びモーツァルトのクラリネット協奏曲が流れ出した。

店の壁面は大きな絵本のようだ。

メフィストフェレスは、「ファウスト」に出てくる・・・

ファウストの一場面なのだろうか。

こんな喫茶店が近くにあったら楽しい時間を過ごせるだろうな。

ランチに和食があるのも高知の喫茶店文化なのだろう。

そういえば、コーヒーをゆっくり飲んでいたら、ほうじ茶がサービスされました。

高知の水がそうなのか、口に含んだ時に何のお茶かわからない独特の味を感じる。

これは、コーヒーを飲んだときにも感じる味。

この水で入れた高知のお茶はどんな味になるのか興味がある。

明日の夜、土佐茶カフェに行ってみよう。
e0081119_22295475.jpg


メフィストフェレス(Mephistopheles)
高知県高知市帯屋町2-5-23

営業時間 7:00~21:30
[PR]
by vagaoku | 2011-11-26 01:23 | 父さんとの旅 | Comments(0)
<< 父さんと二人旅・・・その4 高... 父さんと二人旅・・・その2 ... >>