Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ある日の空 - 12
小さな時に見た大きな入道雲。
「どのくらいの大きさかな~?」と友達と道路を「これ~くらい~!」と走り回っていた事を思い出す。

最近は、青空とは言えない白っぽい空に、偽物のような薄っぺらい雲が見える夏の空ばかりだった。
でも、今年はとても大きな入道雲が見ることが出来る。

イタリアで、もくもくと盛り上がる入道雲を何度も見て興奮していた。

遠くにあった入道雲が大きく育ちながら近づいてくる。

風が強くなり、雨と雷も近づいて来ているのをゆっくり見ながら、季節を感じる事が出来た。

乾燥した青空にもくもくとした真っ白な雲が浮いている空。

直線ばかりの図形の中に柔らかい曲線が無数に絡み合っているように見える。

僕はそんな夏の空が好きです。


e0081119_12574848.jpg



2004年7月14日 アンコーナ

14.07.2004 Ancona
[PR]
by vagaoku | 2011-07-17 09:49 | cielo/イタリアの空 | Comments(0)
<< ある日の空 - 13 ある日の空 - 11 >>