Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
てぃだかんかん・・・八重山諸島へ その3
八重山諸島へ行ってきました。

そこは2月とは思えない太陽があふれた島でした。

e0081119_18373060.jpg
写真:潮が引いても水牛たちは決まった位置でちゃんと待っています。


昔から変わることの無いゆっくりした時間がここには流れていました。

e0081119_18392651.jpg
写真:潮が引くと海は遠くに見えます。


由布島は、西表島の与那良川から流れ出た砂が海に堆積し、遠浅の海に出来た島です。
このような砂州を方言で「ユブ」と言われていたようで、それに「由布」という漢字をあてたと言われています。

堆積した砂は非常にしっかりしていて、海に並んでいる電柱近くを10t車くらいまだ通れるようです。

e0081119_18382587.jpg
写真:ゆっくり潮が満ち始めました


干潮時には水がほとんど無くなり西表島から歩いて渡れるほどです。
夏の大潮では約90cmほど水位が上がるようです。

e0081119_18394314.jpg
写真:海はとてもきれいです

由布島から西表島へゆっくり移動している最中にも潮の満ち引きを感じることができました。

e0081119_1840747.jpg
写真:水牛たちは自分の速さで歩くので、とてもゆっくりな水牛もいます


砂の堆積した遠浅の海の反対側(由布島の西側)は、全く違う景色が広がっています。

e0081119_21414512.jpg
写真:由布島の反対側の海は・・・


島の反対側は、遠浅の海ではなく普通の海が広がっています。
他の島と比べると、砂浜は珊瑚と砂が混ざっている感じでした。

e0081119_2142411.jpg
写真:砂浜からは隣の小浜島を見ることができます


全ての写真は、2011年2月27日に撮影しました。
[PR]
by vagaoku | 2011-03-03 11:11 | 父さんとの旅 | Comments(0)
<< てぃだかんかん・・・八重山諸島... 小さなさーたーあんだぎー、竹... >>