Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
飲み場? 違うのかな? フィレンツェで見たなんか変な水飲み場
フィレンツェにあるピッティ宮殿(Palazzo Pitti)には、大きなボーボリ庭園(Giardino di Boboli)があります。

ピッティ宮殿は、16世紀には完成し、約400年に渡りメディチ家所有の宮殿でした。
現在は、メディチ家を中心として収集された美術品などを美術館として公開されています。

17世紀には、ボーボリ庭園が完成されたと言われています。
非常に広く、最も長い所は約1kmもあります。

天気が良いと気持ちよく散歩が出来るのですが、夏の暑い日はちょっと辛いです。。。

そんな時に水飲み場を見つけたので近づいてみました。
e0081119_20364249.jpg


水が出ているだろうと思う場所に顔を近づけてみると・・・
e0081119_2037518.jpg


あれ?
顔が・・・

しかも、水が・・・
e0081119_2037534.jpg


水はこれ以上強くならなく、飲むには指でふさぎ、水を飛ばすしか方法がありませんでした。

顔を水に近づけると下から二人が覗き込む・・・不思議な感じで・・・


実用性を兼ね備えた、現代美術品でした。
[PR]
by vagaoku | 2010-06-24 21:34 | italia/イタリア | Comments(0)
<< 日光金谷ホテルの100年カレーパン 自転車でおばあちゃんのお見舞いへ >>