Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ラン・ランがアンコールでiPadを弾く
iPad(アイ・パッド)は、日本でも発売され話題になっていますが、アメリカでは1月下旬から発売されています。

世界的に有名なってきた中国人のピアニストラン・ランさん(Lang Lang)が、そのiPadを使ってクラシックのアンコールで披露しました。

リムスキー=コルサコフの「熊蜂の飛行」をアンコールで演奏したのですが、、、
どうなんでしょう?

ラン・ランさんほどの人が・・・

iPadのディスプレーに鍵盤を見ることが出来ますが、よく見ると弾いていません。
ディスプレーを自分の演奏したいテンポで指を触れているだけです。

なので、途中で指揮者が代わりにiPadで演奏をしますが、普通に音が出てきます。
これなら、ラン・ランさんが演奏しなくても曲が演奏されると言う事です。

見た目のインパクトと面白さはあるのかもしれないですが、誰でも同じ演奏が出来るならラン・ランさんではなくても良いのでは。。。

普段通り、アンコールで中国民謡などを演奏する方がラン・ランさんらしいと思います。
[PR]
by vagaoku | 2010-06-02 17:18 | musica/音楽 | Comments(0)
<< さようなら、僕の大好きなニコー... 「トレヴィーゾの花」と呼ばれる... >>