Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ロミ山田さん、全米デビュー50周年記念リサイタルへ行ってきました。
先日、母さんとロミ山田さんのリサイタル「人生の時の時を歌う」へ行ってきました。

ロミ山田さんは、僕が小さい時によくテレビで女優さんとして見ていましたが、日本人で初めてブロードウェイで主役だった事のほうが有名だと思います。
当時(1960年頃)、アメリカに渡航するのは非常に難しく日本のニュースでも取り上げるのが難しく、日本ではほとんど知られていなかったそうです。
そのため舞台を鑑賞した日本人もわずかで、有名人では永六輔さん、渥美清さん、岡田英次さんなどの数人だったそうです。

このリサイタルでは、永六輔さんがゲストに呼ばれロミ山田さんと二人で当時の話しをしていました。

リサイタルは、ロミ山田さんが国立音楽大学を卒業しているのでオペラのアリアからミュージカル、映画と幅広い内容で非常に楽しかったです。
フランス語、ラテン語、英語、イタリア語と盛りだくさんでした。


>>プログラム<<(ロミ山田さんが歌ったもののみ)
・ビゼー:ハバネラ ~オペラ「カルメン」より
・グノー:アヴェ・マリア 
・シューベルト:アヴェ・マリア
・サン=サーンス:君が声にわが心開く ~オペラ「サムソンとデリラ」より
・バーンスタイン:サムウェイ ~ミュージカル「ウエスト・サイド物語」より

アンチェインド・メロディ
ニューヨーク・ニューヨーク ~映画「ニューヨーク・ニューヨーク」より
ラブ、ルック・アウイ ~ミュージカル「フラワー・ドラム・ソング」より
愛の喜び
ユー・レイズ・ミー・アップ
アメイジング・グレイス
ラストワルツ


アンコールも「コン・テ・パルティロ(日本では「Time To Say Goodbye」と呼ばれる) 」、ショパンの「別れの曲」と盛りだくさんでした。

「コン・テ・パルティロ(Con te Partiro:君と旅立とう)」でイタリア語を歌った後だったからか、「別れの曲(原曲はピアノ練習曲集の1つ)」をイタリア語歌詞で歌ったのには驚きました。
もしかしたら、歌詞付きでも有名なのかもしれませんが僕は知りませんでした。
まして、イタリア語歌詞で・・・

イタリア語歌詞だったので、内容を感じながら聴けて、とても印象深かったです。

家に帰ってきてから「別れの曲」の音源を捜したら様々な言語で歌われているのが分かりました。
やっとイタリア語の「別れの曲」を探せ、もう一度ゆっくり聴く事が出来ました。


Giuseppe di Stefano (Motta Sant'Anastasia, 1921.6.24 – Santa Maria Hoè, 2008.3.3)
ジゥゼッペ・ディ・ステーファノ

ディ・ステーファのは、シチリア出身のテノール歌手です。
現在でもたくさんの音源が残されていて、彼の音楽的な歌を聴く事が出来ます。

彼は、テノール歌手の頃からスキャンダルが多かったのですが、劇的な事件に巻き込まれ亡くなってしまったのが、彼の生涯で一番の事件だったのかもしれません。。。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~**~*~*~*~*~* 

自分の資料用に・・・イタリア語歌詞・・・

- Chopin "TRISTEZZA"

È triste il mio cuor senza di te
Che sei lontana e più non pensi a me,
Dimmi perché
Fai soffrir quest'anima che t'ama
E ti vuole vicin
Sei tu la vision che ogni sera
Sognar fa il cuor che nell'amore spera,
ma è un'illusion
più da me non tornerai
forse un'altro bacerai
mentre triste vola la canzon
che canto a te
solamente a te
dolce sogno d'or
questo vuole il cuor
triste senz'amor.

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~**~*~*~*~*~* 

イタリアを代表するテノール歌手ですが、イタリア語では歌っていません。

Beniamino Gigli (Recanati, 1890.3.20 – Roma, 1957.11.30)
ベニアミーノ・ジーリィ


ジーリィは、非常に有名でイタリアを代表するテノール歌手でした。
1920~1932年に、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で活躍をしていた。
彼の歌声は、世界で最も愛され、現在も世界中で愛されているテノール歌手の一人です。

彼は、マルケ州のレカナーティと言う街出身で、レカナーティの近くにあるマチェラータと言うところでは、毎年夏にオペラの音楽祭が行われています。
今年の音楽祭では、裏方に友達が参加をします。

アンコーナに住んでいた友達が、この春にレカナーティへ引っ越しました。
僕はまだレカナーティへ行ったことがありませんが、いつか遊びに行けた時にはジーリィの博物館へよりたいと思います。
[PR]
by vagaoku | 2010-05-30 10:34 | musica/音楽 | Comments(0)
<< 「松屋浅草」日本最古の屋上遊園... ダイソンのあの扇風機で風船を・・・  >>