Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブリッツ・ブラスのリハーサル
3月1,2日にブリッツ・ブラスのリハーサルがありました。
普段のリハーサルと変わらないのですが、僕にとって面白いことがありました。


3月1日、メンバーの一人が乗り番の曲に間に合わないので来るまでエキストラで演奏をする。

一度も吹いたことの無いC管・・・
昼に楽器を借りて、なれるために練習をしました。
メンデルスゾーンのC管セカンド・パートは、C管のファースト・パートを支えたり、独立した箇所があったり。。。。

楽しかったです!

音楽を楽しめました。
そして、吹いていたら面白くてC管クラリネットがちょっと欲しくなってしまいました。


3月2日、再びエキストラ。。。

今度は、Esクラリネットのファースト。。。

1度吹いた曲だったので安心していたら・・・
これは、大変でした。

単純に指が難しいより、普段はB管の上で演奏しているものがC管になっただけで、あんなに音程感が変わるなんて・・・

響きの中に入っていくのが難しかった・・・

Esクラリネットに♯が3つの時に、B管クラリネットだと♯が2つで何か近いものを感じるのに、C管クラリネットだと何も付かない・・・

本当に大変でした。
惨敗です。。。

いつも冷静にEsクラリネットを吹いている、大庭さん・・・
尊敬します。


ついにブリッツ・ブラスの公式ブログが始まりました。
メンバーの記事や写真をアップしているみたいです。


>ブリッツ・ブラス 第7回定期<
グリーンホール相模大野大ホール
2010年5月1日土曜日 開場13:30 開演14:00

>>プログラム<<
・メンデルスゾーン:吹奏楽のための序曲op.24
・ホルスト:第1組曲
・ミヨー:フランス組曲
・グレンジャー:リンカーンシャーの花束
・2010年度 吹奏楽連盟コンクール課題曲 5曲


チケット:2800円(学生1800円)
前売り:2500円(学生1500円)

チケットの予約を受付しています
奥田:wky2700@ezweb.ne.jp
[PR]
by vagaoku | 2010-03-03 14:50 | BlitzBrass/ブリッツブラス | Comments(0)
<< レストランのデザート 連なるトラム その1 >>