Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
小澤征爾指揮のドビュッシー:ラプソディー
小澤さんが食道がんで活動を休止をすることになりましたね。
がんばって欲しいです。

さて、先月見つけた映像ですが・・・

小澤征爾さんがミラノ・スカラ座を指揮している映像を探していたらドビュッシーのラプソディーを指揮した映像がありました。



この映像は、イタリアの首相ベルルスコーニの所有する民放の1つ「MEDIASET(メディアセット)」で日曜日の朝と夜(再放送)で放映した物のようです。

この番組は、さまざまな年代のスカラ座管弦楽団の演奏を放映しています。
毎回、録画をしておきたかった・・・


この演奏ですが、おそらく20年くらい前の演奏だと思います。
セカンド・クラリネットに若かりし気ころのメローニ(師匠)が映っています。
髪が茶色っぽいので20歳くらいのころだと思います。

映像を見た方はもうわかったと思いますが、ドビュッシーのラプソディーと書きましたが、クラリネットのラプソディーではありません。。。
サックスのラプソディーです。
イタリアのサックス界の巨匠Federico Mondelci(フェデリーコ・モンデルチ)の演奏です。

モンデルチは、ロッシーニの生まれたペーザロにある音楽院を卒業したので、僕が最後に住んでいたアンコーナの近く出身なのかもしれないです。。。
[PR]
by vagaoku | 2010-01-10 15:18 | musica/音楽 | Comments(0)
<< ほんの少しだけ春を先取り・・・ あけましておめでとうございます。 >>