Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アスパラガスとトマトのスパゲッティ。。。spaghetti con asparagi e pomodorini
spaghetti con asparagi e pomodorini
スパゲッティ・コン・アスパラジ・エ・ポモドリーニ

今回は、美味しいミニ・トマトが手に入ったので、あまり火を通さないように料理をしました。

アスパラガスも時期に入ってだいぶ値段が下がってきたので、ミニ・トマトとアスパラガスとの組み合わせで作ってみました。


>>材料<<
・パスタ
・アスパラガス
・トマト (水分の少ない小型長種)
・オリーブ・オイル
・ニンニク
・塩
・黒コショウ

他の野菜や鶏肉(ささみやひき肉)を加えても美味しくなると思います。



>>作り方<<

1:細かく刻んだニンニクをオリーブオイルをひいたフライパンに入れる。
2:鍋で水を沸かし、沸騰したら岩塩をしっかり入れ、パスタを入れる。
3:食べやすく切ったアスパラガスをパスタの入っている鍋に入れる。

4:フライパンに火をかけ、色づく頃にパスタのゆで汁を入れなじませる。
5:パスタの茹で上がる前に、フライパンにトマトを入れる。
6:トマトに火が通り過ぎる前にパスタとアスパラガスを絡める。

7:味見をして、塩をする。
8:皿に盛り付けて、黒コショウをふり出来上がり。

調理時間は、13分くらい。


とても簡単で、あっという間に出来るので野菜の美味しい時期にお勧めです!


e0081119_10154086.jpg
写真:日本で作ったものです


イタリアではあまり見かけないですが、夏場なら冷製パスタにしても美味しいと思います。

冷製パスタを作る時には、アスパラガスとパスタは少し長めに茹でることをお勧めします。
仕上げに、エキストラ・ヴァージン・オイル、好みでバルサミコ酢を絡めるとより美味しくなります。
[PR]
by vagaoku | 2009-05-28 06:04 | primo piatto/パスタ類 | Comments(0)
<< 引越し。。。 西高 VS 西尾 >>