Top

音楽と旅行と食べ歩き、イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の話
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
musica/音楽
italia/イタリア
milano/ミラノ
viaggio/旅
teatro/劇場
cittadina/小さな街
monologo/独り言
tram/トラム
trasporto/交通機関
mi piacciono...好きな..
cibo/食品
primo piatto/パスタ類
cielo/イタリアの空
fiore/花
lancia Y10/車から・・・
italiano/イタリア語
giappone/日本の事
cinema/映画
supermercato
IKEA
vino/ワイン
ottimo!! 素晴らしい!
stoltzman CD
clarinetto/クラリネット
僕のひとり旅
トップ画像について
ある音楽家の感じた美術
イタリアの猫と犬たち
BlitzBrass/ブリッツブラス
知って楽しい音楽用語
父さんとの旅
〇〇国で演奏をする
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
primo piatto
settebello

プロフィール
profilo



グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen


STRABACCO













検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ソラマメとサーモンのスパゲッティ。。。
Spaghetti con fave e salmone


ソラマメの季節がやってきました!


ソラマメを使ったレシピはいろいろあります。
一番有名なものは、ソラマメと海老の組み合わせです。

ソラマメをペースト状にした物に海老を絡めたり、ソラマメのスープに海老を入れたり、パスタに絡めたり・・・


家にサーモンがあったので、それをイメージして作ってみました。


>>材料<<
・パスタ
・ソラマメ
・生食用サーモン (スモーク・サーモンでも良い)
・辛口白ワイン
・ニンニク
・唐辛子
・塩
・あったらフェンネル(ウイキョウ)の葉(イタリア語では「finocchio」)
・オリーブ・オイル


フェンネルの葉は、日本ではあまり売っていませんが魚料理を作る時には非常に良い香り付けと臭み取りになります。
イタリアではフェンネル(finocchio:フィノッキオ)の根近くにの部分を良く食べます。
そのほか、茎や葉は乾燥させて香辛料として使ったり、生の葉も香辛料としてよく使われます。
種は、サラミやオイル漬けなどの香辛料に使われています。



>>作り方<<

1:ソラマメをサヤから出して、塩を入れた鍋で茹でる。
2:茹で上がったら、ソラマメを中から出しておく。
3:フライパンに細かく切ったニンニクと唐辛子とオリーブオイルを入れ、弱火で焦げないように炒める。

3:鍋で水を沸かし、沸騰したら岩塩をしっかり入れ、パスタを入れる。
4:香りがたってきたら、唐辛子を抜き取る。(辛いほうが好きな場合はそのままにする)
5:ソラマメをフライパンに入れ絡め、辛口白ワインを入れアルコール分を飛ばす。

6:パスタが茹で上がったらフライパンで絡める。
7:食べやすい大きさに切ったサーモンを入れ絡めたら、火が通り過ぎないうちに火を切る。
8:細かく切ったフェンネルの葉を絡める。

9:皿に盛り付けて出来上がり。



ソラマメの湯で時間などがあるので、調理時間は25~30分くらいです。

e0081119_1553933.jpg
写真:日本で調理したものです。


ちょっと変わった味ですが、とても白ワインに合うパスタになりました。
[PR]
by vagaoku | 2009-05-24 10:00 | primo piatto/パスタ類 | Comments(0)
<< ボロニェーゼ。。。taglia... カレーの国の王子様 >>